読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らまない話。

Tyurico's blog

画家の描いた戦争画、素人の描いた戦争の絵。

絵とかろくに描いたこともない普通の人が自分の見た光景を描いた戦争の絵というのは拙いと言えば全く拙い絵なのだが、見ていて辛くなる何かを強く感じる。
しかしプロの画家が戦争の惨禍を描いた作品からはそこまで強烈に迫ってくるものを感じたことがない。

もちろん真剣な気持ちで描いたのだろうし、実際に悲惨な体験を生き延びてそれを描いた画家もいる。
 
しかしとにかく、描くにあたっての構想があって下絵もあって、構図や表現の工夫を重ねた上で作品として仕上げているのであれば、少なくとも「より良い表現」、「より良い作品」を求めて制作に向かうだけの気持ちの余裕はあるのだと考えられて、それで結局それは「まず安心して見られる絵画作品」あたりで終わってしまうのではないか。
 
素人の描いた戦争の絵はそんなどころではない。
戦争の悲惨さを見る者の心に訴えたいという思いすら不純物になるのかもしれない。
 
 
 
tyurico.hatenablog.com

 
 

「大衆迎合主義」、「ポピュリズム」という人をバカにした言葉

大衆迎合主義、ポピュリズム、ポピュリスト。
 
これらの言葉を政党や政治家の批判として用いるのは結局、大衆はまともな判断ができない愚かで教導すべき存在だと言っているのと同じだ。

実は露骨にバカ扱いしてるな。

2016年、知ることができて良かったミュージシャン。

といっても新しいミュージシャン、最近のミュージシャンは一人としていないのだが。
 
 
ザ・フライング・ブリトー・ブラザーズ。あるいはグラム・パーソンズ
ボーカルのグラム・パーソンズは生年1946年、没年1973年。薬物のオーバードーズで26歳の若さで死んでしまった。

Hot Burritos! The Flying Burrito Bros. Anthology 1969-1972

Hot Burritos! The Flying Burrito Bros. Anthology 1969-1972

きっかけはソウルシンガーのジェイムズ・カー
ジェイムズ・カーの The Dark End Of The Street をカバーしていたのがすごく良かったので買ってみた。全く知らないバンドだった。カントリーロックの原点という位置づけでいいのかな。まずグラム・パーソンズの声が良い。また曲も良い。
しかし「空飛ぶブリトー兄弟」って、ふざけたバンド名。
もとは1969年と1970年のアルバム。


THE FLYING BURRITO BROTHERS /// 4. Dark End Of The Street - (The Gilded Palace Of Sin) - (1969)
 
 

ボニー・レイット。1949年生まれ。

Takin My Time

Takin My Time

トゥーツ&ザ・メイタルズのアルバム True Love でトゥーツ・ヒバートとデュエットで歌っていたのがかっこよくて買ってみた。この人も全く知らなかった。いや名盤ですね。ブルージーなボーカルとスライドギターがかっこいい女性シンガー。
もとは1973年のアルバム。
 
 

ヴァン・モリソン。1945年生まれ。

Moondance-Remastered

Moondance-Remastered

同じくきっかけはトゥーツ&ザ・メイタルズ。
ヴァン・モリソンの名前は聞いていたが曲を聴いたことはなかった。トゥーツ&ザ・メイタルズのアルバムに彼の I Shall Sing のカバーが入っていてそれでオリジナルを聴きたくなって買ってみたところ、これが何となく聴き流すことなど許さないような恐ろしくハイレベルな名盤だった。
もとは1970年のアルバム。


Van Morrison Moondance

 
 

モーズ・アリソン。生年1927年、没年2016年。
ジャンルはジャズになるのだろうか。

Mose Allison: The Complete Recordings 1957 - 1962

Mose Allison: The Complete Recordings 1957 - 1962

そもそものきっかけはエルヴィス・コステロで、それからボニー・レイット
ボニー・レイットが上記のアルバム Takin My Time で歌っている Everybody's Cryin' Mercy はコステロがカバーアルバム Kojak Variety で歌っていた曲だと気づき、ライナーノーツを読んでみると作曲者は Mose Allison とあったので探してみて曲がたくさん入って安いこれを買ってみた。
しかし5枚組だというのに、このCDには目当ての Everybody's Crying Mercy が収録されていなかった。でもこれはこれで満足。ピアノがすごくいい。ボーカルは軽め。
調べてみるとモーズ・アリソンヴァン・モリソンにも影響を与えているというので、ああ繋がってたんだなと思った。
残念だが、先月89歳で亡くなられていたことをつい最近知った。
1957年から1962年までのアルバムをてんこ盛りにぶっ込んだCD。
 
 

スライ&ロビー。
ジャマイカのドラム&ベースのコンビ。スライ・ダンバー(1952年生まれ)とロビー・シェイクスピア(1953年生まれ)。

Riddim - Best of 1978

Riddim - Best of 1978

やはりトゥーツ&ザ・メイタルズについて調べているうちに知った。
よく知らないまま買って聴きだしたばかりなので、まだわからないことの方が多い。こういうのダブっていうの?
とにかくこのアルバムでは Jah Jah Man というのがすごく気に入っていてこの曲に来ると何回かリピートしてから次に行く。
1978年から1985年までの曲を収録したCD。


Jah Jah Man - Sly & Robbie
 

大統領選挙と「アメリカの分断」

トランプ大統領の選出という結果をまるでこの世の終わりが来たかのように嘆くというのは、馬鹿にするにせよ騙されてるのだと憐れむにせよ、とにかく彼に投票した人たちを「愚かな判断をした人たち」と見なすことにおいては違いがない。
 
今回の大統領選挙をめぐる言論で「アメリカの分断」という言葉が聞かれた。

しかし結局のところ方針や政策などの隔たりよりも、ヒラリー・クリントンの方は「彼を支持するのは頭が残念な人たち」だと言って、ドナルド・トランプの方は「あいつは嘘つきだ」だと言って対立の構図を作っていたように思えた。

「彼を支持するのは頭が残念な人たちです」と言って貶して盛り上がろうというのなら、リベラル側の言説も十分すぎる程に「分断」を強化している。
 

最近初めて知って驚いた、マルコムX大学。

黒人大学と黒人ミュージシャンの関連でキャブ・キャロウェイのウィキの記事を読んでいた。
まず意外だったのは、彼はけっこう裕福な家庭の生まれで両親ともに黒人大学の出身、お父さんは弁護士でお母さんは学校の先生だったという記述。
キャブ・キャロウェイって1980年の映画 『ブルース・ブラザーズ』 の時にはもう既にお爺さんで、あまり教育も受けられないでずっとショービジネスの世界で生きてきた人みたいに勝手に思っていた。なのにその人の親が大学を出ていて弁護士をやっていたというので全くびっくりだった。
 

それから彼は Crane College で学んでいたとあったので、それでリンク先に飛んだら出てきたのは Malcolm X College という記事だった。
読んでみるとマルコムXを讃えて1968年に校名が変更されたのだという。

マルコムX大学というのがあるんだ。
 
ウィキの記事はそのまま全て鵜呑みにはできないが、諸々覚えておこう。

それにしてもマルコムXと比べてキャブ・キャロウェイの恵まれた生い立ち。同じ黒人でこうも違うとは。自分の理解が一面的なものでしかなかったと思った。



Malcolm X College - Wikipedia
 
tyurico.hatenablog.com

 

マルコムX [DVD]

マルコムX [DVD]

 
ブルース・ブラザース [DVD]

ブルース・ブラザース [DVD]

 
ザ・ハイ・デ・ホー・マン

ザ・ハイ・デ・ホー・マン