読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らまない話。

Tyurico's blog

あるミニマリストの人の言葉から

「でも意外とお金は貯まらないんですよ。物にお金はつかわないけれど経験にお金をつかいますから」 みたいな受け答えをしていた。 たぶん彼の言う「経験」はいつもではないもの、何か特別なものであって、日常は経験ではないのだろう。 今日どのお皿使おうか…

隣りあった国同士というのはむしろ仲良くなれないのが普通で、

洋の東西を問わず、適度に離れた異国の方が互いに敬意を持って仲良くできるんじゃないか。 直接的な利害は少ないし、細かな良くない点は伝わりにくいし要するに実はよく知らないし、敵の敵だったりもするし。

スカタライツが60年代にビートルズの曲をカバーしていたという話

後年再結成したスカタライツじゃなく、1965年、オリジナルのスカタライツがビートルズの1964年の曲 I Should Have Known Better をカバーしていたことをつい最近知った。*1 The Beatles - I Should Have Known Better [HQ] THE SKATALITES - INDEPENDENT ANN…

若い頃のボブ・マーリーの意外な姿

Wailing Wailers [Analog]アーティスト: Wailers出版社/メーカー: Studio One発売日: 2016/05/27メディア: LP Recordこの商品を含むブログを見る ボブ・マーリーは最初からレゲエでドレッド、ではなかったと知ったのは近年のことだ。かつてはなんとなくボブ…

Supercilious のCDを買った

これはジャンルで言うとエレクトロニカっていうの?主に聴くのはブルース、ソウル、レゲエの古いやつばかりなのでこういう方面の音楽はまるで知らないんだが、踊る猫さんの記事に貼ってあった動画で聴いて好きになって探して買ってみた。ところがこれがろく…

プレシャス・ウィルソンはもっと評価されていいシンガーだと思う。

ディスコブームの頃のヨーロッパで活動していたエラプション(Eruption)というバンドがあって、1975年から1979年の間ボーカルを担当していたのがプレシャス・ウィルソン(Precious Wilson)。 エラプションはそれなりにヒット曲もあって日本でも発売された…

作家Aを大好きになったのだが、 しかしAが大好きだという先輩作家Bに何も感じなくて、みたいな話

これは文学でも音楽でも。たとえば近頃、私はスライ&ロビーというミュージシャンが好きになった。 スライ&ロビーの片割れスライ・ダンバーの名は、彼がソウルのスライ・ストーンの大ファンだったのでそれで「スライ」と呼ばれるようになったらしい。スライ…

音楽コラムサイト TAP the POP のもう少し頑張ってほしい記事

昨年プリンス・バスターが亡くなったとき何の記事もなかった TAP the POP でも最近やっと彼に関する記述が見られるようになってきて嬉しいところだが、もう少し頑張ってほしい。 www.tapthepop.net ここでスペシャルズの Gangsters を上げるのならオリジナル…

欧米人が芸者の真似事をするのは失礼なことか。

雑誌 VOGUE で欧米人のモデルが芸者の真似事をしてる写真を載せたら、批判の声が起こって結局モデルが謝罪したんだという。謝るべきとか私は全く思わないのだが、よく読んでみると彼女は別に日本人に向けて謝罪しているわけではないようだし、怒ってる連中も…

相手の気持ちになるというのは全く難事だが、

相手の立場に立って考えてみることならさほど難しくはない。 まあそれで共感したり納得したりするとは限らないが、ああこういうことだったのか、ということはわかったりもする。

踊る猫さんの音楽記事はほぼ私の知らない言葉ばかりなんだが、「舐めるように聴いている。」という言葉にひっかかってしまったので。

いやこれ好きなやつかも。Supercilious - Delusion of Grandeur しかし探してもなかなか出てこないな。

宗教と価値の多様性

多様性を尊重しよう、多様な価値があることを認めよう、っていうのはもう近年では疑問を抱くことも許されないような考え方だと思うが、その中に宗教まで含んだ場合はどうだろう。 宗教というものは徹底すればそもそも多様な価値の併存を許さないものだと思わ…

音楽コラムサイト TAP the POP の誤解を生じさせる駄目な記事

TAP the POP という音楽コラムのサイトがあって、複数のライターによって様々なジャンルの音楽記事が毎日上げられている。ためになる記事も多いので読んでいるが、総数がむやみに多いだけに中には驚くほど程度の低いものもある。つい最近のでこんな記述があ…

バグルスの売れなかったセカンドアルバムはもっと知られるべき名盤

買ってみようかと思いつつそのままになっていたバグルスのセカンドアルバムのことをふと思い出し、買って聴いてみたら一発でものすごく気に入ってしまった。古い話で恐縮だが、バグルスでわからない人も「ラジオスターの悲劇」なら知ってるかもしれない。あ…

スライ&ロビーのCDレビューみたいなもの。

昨年の11月あたりから聴きはじめたばかりのスライ&ロビーだが、得られる情報がそう多くないのにアルバムの枚数はやたら多いのでどれを買ったらいいのかずいぶんと迷った。スライ&ロビーってレゲエのドラム&ベースのすごいベテランコンビなんだけど自分た…

画家の描いた戦争画、素人の描いた戦争の絵。

絵とかろくに描いたこともない普通の人が自分の見た光景を描いた戦争の絵というのは拙いと言えば全く拙い絵なのだが、見ていて辛くなる何かを強く感じる。 しかしプロの画家が戦争の惨禍を描いた作品からはそこまで強烈に迫ってくるものを感じたことがない。…

「大衆迎合主義」、「ポピュリズム」という人をバカにした言葉

大衆迎合主義、ポピュリズム、ポピュリスト。 これらの言葉を政党や政治家の批判として用いるのは結局、大衆はまともな判断ができない愚かで教導すべき存在だと言っているのと同じだ。実は露骨にバカ扱いしてるな。

2016年、知ることができて良かったミュージシャン。

といっても新しいミュージシャン、最近のミュージシャンは一人としていないのだが。 ザ・フライング・ブリトー・ブラザーズ。あるいはグラム・パーソンズ。 ボーカルのグラム・パーソンズは生年1946年、没年1973年。薬物のオーバードーズで26歳の若さで死ん…

大統領選挙と「アメリカの分断」

トランプ大統領の選出という結果をまるでこの世の終わりが来たかのように嘆くというのは、馬鹿にするにせよ騙されてるのだと憐れむにせよ、とにかく彼に投票した人たちを「愚かな判断をした人たち」と見なすことにおいては違いがない。 今回の大統領選挙をめ…

最近初めて知って驚いた、マルコムX大学。

黒人大学と黒人ミュージシャンの関連でキャブ・キャロウェイのウィキの記事を読んでいた。 まず意外だったのは、彼はけっこう裕福な家庭の生まれで両親ともに黒人大学の出身、お父さんは弁護士でお母さんは学校の先生だったという記述。 キャブ・キャロウェ…

最近初めて知って驚いた、黒人大学。

黒人大学、現在では Historically black colleges and universities と総称されるらしい。*1 60年代中頃のソウルのライナーノーツを読んでいたら、「これは作曲者が大学生のときに作った曲だ」という記述があったので、その頃のアメリカの大学生なんだから白…

結局プリンス・バスターの中古CDを5,500円で買った。

私が中古のCD一枚に出してもいいと思える金額は五千円程度が上限。 中古の出品を日本とアメリカのアマゾンでチェックを続けて、まあ安く買えた方だと思う。 Fabulous Greatest Hits Madness、Al Capone、One Step Beyond、Enjoy Yourself が一枚に収録され…

「怒りと正しさ」

ブログを数年続けてきて読み返してみて、結局同じことを違ったポイントから繰り返し書いていたんだ、ああこれは自分が年来ずっと抱えていたテーマみたいなものだったんだとはじめて気づいて、一つカテゴリーを新設することにした。カテゴリー名は「怒りと正…

ザ・スパイダースってすごいバンドだよなと思うのは、

堺正章、かまやつひろし、井上順、という実に独特で魅力的な声のボーカルが同じバンドに三人もいたということだ。 これはちょっと他にないと思う。

近頃の大前研一さんは全くどうかしてる。

腕組みして睨みをきかせ「君はグローバルなステージで生き残れるか」みたいなデカイこと言いつつ素人相手の小商いをするのが大前さんだと思う。 こんなフレンドリーでお得感があるのは大前さんじゃない。 一体どうした。 tyurico.hatenablog.com

プリンス・バスターの訃報

珍しくアクセスが多いと思っていたら、プリンス・バスターが亡くなったというニュースが。 これだ。残念に思うが、具合が悪いという話はかねてより聞いていたのでそれほど驚きはなかった。 追悼と敬意を表するために、彼のアルバムをどっかが出すべきだ。 ww…

ブログを書く意味、ブログに書く意味。

たいした考えもなく始めたブログだが、続けてみてブログを書く意味は確かにある、と感じるようになった。頭の中でただ漠然と考えるのでなく実際に書くことによって、文章として形を取らせることによって、自分でも初めて分かったこと、気づいたこと、整理で…

怒りと納得

ひとたび納得がいってしまうと人はもう怒ることができない。だとすれば怒りを抑えるために向けるべきものは、忍耐とか冷静さのようなものではなく偏に歪みのない認識である、ということになるだろう。

「はてなキーワード」の自動リンクが嫌だ。

シベリア抑留に関係してシベリアって書いたら、半年くらいしてお菓子の「シベリア」でリンクが付いているのに気が付いた。それでリンクされないように手を加えた。 はてなの自動リンク、本当にやめてほしい。 関係ないものにまでリンクが付くのが嫌だし、そ…

福島の原発がああなって以降、

それらの諸々を何とかするための費用が現時点で累計いくらになっているのか、そういうデータをずっと追跡的に追っている所はどこかないものだろうか。研究機関でもマスコミでも政党でも。それでそういうのをはっきりと見せるサイトとかないんだろうか。今ま…

命の危険を冒してまで移民が大挙して異国に押し寄せるということは、

「自分の国では満足に暮していける望みがない、行けるんだったら手を尽くしてなんとしてでも他所の国に行った方がいい」と考えているということだろう。それで、「彼らはそこまで追い込まれているのだ」と考えることもできる。 だからそれに対して、「窮状に…

文章の丁寧と親切

ブログを書くに際して文章を丁寧に書くことは心掛けるようにしているが、親切に書くということはあまり心掛けない。

「なぜ日本はスティーブ・ジョブズのような人間が出て来ないのか」という問いをよく見かけるが、

アメリカ以外のどの国からもジョブズ的な人間は出ていないんだから、 「なぜアメリカはジョブズのような人間が出てくるのか」と問い直した方がいいんじゃないかと思う。

ソウルシンガー、ジェイムズ・カーのCDレビューみたいなもの。

いったい誰のためになるのかというやたらとニッチなCDレビューみたいなものを再度。 一からの説明とか無しで、ジェイムズ・カーをある程度知っている人を対象にした記事になります。以後も書き足し書き直しあり。 CD発売年はイギリスでの発売年の方を表…

『相楽総三とその同志』 を読んでいて引いてしまった。

勤王倒幕で働いていたのに偽官軍の汚名を着せられて処刑されてしまった相楽総三たちの冤を雪ぐために長谷川伸が記したという史伝『相楽総三とその同志』。 昔から気にはなっていたが、少し前にようやく買って読み出した。 引いたというのは以下の短い記述で…

「多様性を尊重しよう」の厄介さ

「多様性を尊重しよう」と言うのだから当然そこには差異が歴然と存在しているわけだが、じゃあその差異や特徴、独特さ固有性について述べようとすると、「それは差別的行為だ」と言われかねないという厄介さ。

「人の生涯を物語に仕立てる」ことを慎む

ウィキペディアを編集していて注意した方がいいなと思ったこと。既に亡くなった人物の記事を書くときのことだが、ついつい個々のエピソードの間に因果関係や影響を見出そうとしてしまう。そして上手に整理された(しかし実は安易な)「物語」にまとめようとし…

ウィキペディアを大幅に編集した。

ウィキペディアのある人物の記事がいろんな点で足りてないものだったので、いろいろ調べて少しずつ書き直し書き足しをしているうちにあれもこれもとなって、結局ほとんど全て書きかえてしまった。 引き合いに出すのは全く図々しい限りだが、長谷川伸は自著『…

モデルの不快な顔面で視線を奪う広告の手法、

どうも広告業界にはそういう手法やノウハウがあるんじゃないかと前々から思っている。 瞬間的に違和感や不快感を微妙なレベルで与えることによって広告に目を向けさせる手法と言おうか。おそらく中途半端な美男美女が微笑む広告よりずっと効き目があることだ…

ウィキペディアをちょっと編集した。

私の大好きなソウルシンガー、ジェイムズ・カーを語る上で絶対に欠かす事のできないクイントン・クランチ(Quinton Claunch)という人物のカタカナ表記がどういうわけだか「クイントン・クロウンチ」となっていたので通例の表記「クランチ」に書きかえた。 …

ブログの文章であえて注意しないこと

それがツイッターレベルに少ない文字数であってもブログを書く時はもうさんざん文章の手直しをしているのだけれど、その反面、文章を書く上で一般的に良くないとされている細かい事柄はあえて気にしないことにしている。 「~た。~た。」「~だ。~だ。」で…

「電車かもしれない」の歌詞の解釈とか

tyurico.hatenablog.com 以前、「たま」の「電車かもしれない」という曲について書いたところ思いの外アクセスがあるので驚いている。 けっこう昔の曲なのだが、それだけ曲の力が大きいということなんだろう。しかしアクセスがあること以上に意外だったこと…

アメリカ人の知らない名ソウルシンガー

私はジェイムズ・カーというソウルシンガーが本当に大好きで、彼はソウルというジャンルに限定する必要がないくらいに卓越した素晴らしいシンガーだと思っているのだが、意外なことに熱心なファンが多いのは日本とイギリスだということで、それで本国アメリ…

県が一つ消滅したのに等しい

5年間で約95万人減少したと統計の発表があった。人口100万人未満の県は九つある。 たった5年で47都道府県から県が一つ消滅したと考えればやはりこれは尋常でない。

トゥーツ&ザ・メイタルズのCDレビューみたいなもの。

一体誰のためになるのかというやたらとニッチな情報になるが、ここ三か月ほどのあいだブログやサイトをいろいろ覗いて調べてCDを買い集めて聴いて、CDのレビューというか紹介をまとめて書いておこうと思うようになった。 けっきょく調べる際に一番お世話…

イエスの劇的な最期と仏陀の平凡な最期と

2ちゃんねるのまとめサイトを見てたら「知らない方が幸せだった雑学」というのがあって、その中に「お釈迦さまが食あたりで亡くなったこと」という書き込みがあって、それに「それじゃただの普通の人じゃん」みたいなレスがあった。 まあそうかもしれない。…

基本は6割できたら次に進んで良いという教え

中国人の太極拳の先生が、どうも日本人は基本を120%のレベルまでやり込んでしまう人が多いんだけど基本は6割できたら次に進んでいいんだ、みたいな話を本に書いていてなるほどと思った。 太極拳は学んでないが、それでも体験的に理解できる話だ。 おそらく…

音楽少年としてのエルヴィス・コステロ

構えず気軽に作ったアルバムのようだが、エルヴィス・コステロのカバーアルバム Kojak Variety はこれが案外なかなかの名盤だと思う。 You Tubeでハウリン・ウルフの Hidden Charms をコステロがカバーしているのを聴いたのがきっかけで、そしてそれがアルバ…

戦争であまり悲惨な体験をせずに済んだ人の話

正月に酒を飲みながら叔父さんと話していて、死んだおじいさんの話になった。 夜更けに二人だけになったこともあってか、普段はしないような話題にも及んだ。 私のおじいさんは兵隊にとられて大陸に渡り、戦後はソビエト軍に捕まって何年か抑留されていた。…

トゥーツ&ザ・メイタルズっていい。

去年12月から聴きだしたばかりなんだけど、トゥーツ&ザ・メイタルズっていい。 トゥーツ&ザ・メイタルズ、というかやはりメインのトゥーツ・ヒバートがすごいと言うべきなのか。 ジャマイカの著名なミュージシャンと言えばなんといってもボブ・マーリーな…