膨らまない話。

Tyurico's blog

本とか映画とか音楽とか

末盛さんは須賀さんの文章をちゃんと読んでないのかな

須賀敦子さんの『遠い朝の本たち』の文庫版解説で、「すえもりブックス」で知られる末盛千枝子さんがこういうことを書いている。 そしてアン・モロウ・リンドバーグ。『海からの贈り物』を読んで、これほど深い内容をこんなに平易な言葉で表現できるのか、と…

コレクターの心理というのは恐ろしい

ピーター・バラカンさんの「ウィークエンドサンシャイン」と、ゴンチチさんの「世界の快適音楽セレクション」と、山下達郎さんの「サンデー・ソングブック」の三つの音楽番組を録音しといては聴いている。 達郎さんの「サンデー・ソングブック」は昨年25周…

パラゴンズのCDがお買い得でかなり、いやすごく良かった。

パラゴンズ、The Paragons は主にロックステディの時期に活躍したジャマイカのコーラスグループ。*1 メンバーはけっこう入れ替わったようだが、ボブ・アンディ、ジョン・ホルト、タイロン・エヴァンスなど。On the Beachアーティスト: Paragons出版社/メーカ…

レゲエとかの古い音源が聴きたい人は You Tube のこのチャンネルがおすすめ。

この人のアップロードの数はすごい。数百、いや千以上? www.youtube.com こんな感じでずっとリストが続いて、一番下までスクロールするのにだいぶ時間がかかった。ざっと見た限り、他のジャンルのレコードもたまに入るが、ほとんどがスカ、ロックステディ、…

一番初めのレゲエの曲って何なんだろう②

tyurico.hatenablog.com この疑問に対して、以前買った100曲入りコンピレーションに何かあるかもしれないと思って聴き直してみたら、21番目の曲が歌唱やタイトルはロックステディみたいなんだけどリズムはレゲエになってて、ライナーノーツを読んでみたら196…

一番初めのレゲエの曲って何なんだろう①

レゲエって遠い昔にどこからともなく生まれた素性のはっきりしない音楽じゃなくて割と新しい音楽でルーツもわかってて、具体的に言うと1962年のジャマイカ独立後にスカが生まれ、それがロックステディになり、それからレゲエという短期間での変遷があるわけ…

歌手とファンとの幸福な出会い オーティス・クレイ 東京ライブ

1978年、たぶん本国アメリカでも好調というわけではなかったのだろうし、ましてや遠く離れたアジアの島国で自分の歌が聴かれているとは夢にも思ってもいなかっただろう。だいたい来日することになったのも偶然の成り行きで、日本のソウルミュージックファン…

「映画業界の人と話た時になぜ実写化で改変するのか聞いたら」というツイッターです考えたこと

映画業界の人と話た時になぜ実写化で改変するのか聞いたら 「例えば桃太郎を映画化するなら、やっぱり誰も見たことがない桃太郎を作りたいでしょ。それは途中でかぐや姫と出会うかもしれないし鬼は金太郎かもしれない。そういうものを作らないと駄目でしょ」…

久しぶりに買った邦盤は伊東ゆかりさんのカバーアルバム

『小指の思い出』はどうにか知っていたが、恥ずかしながらお名前すら憶えてなかった。 しかし少し前にお付き合いで見ていたテレビで歌っているのをたまたま聴いて、あれこの人すごく歌が上手い人なんだと驚いて買ってみたのだった。 後で調べてみたら、お父…

ピーター・トッシュが若い頃「歩くカミソリ」と呼ばれていたという話は本当なのか

ブログでウェイラーズのことを書いてる時にふと思ったのだが、ピーター・トッシュが「歩くカミソリ」 "Stepping Razor" と呼ばれていたという話の典拠みたいなものを読んだことがない。 それで調べてみたのだが話の出どころがさっぱり見つからない。英語の W…

ジャマイカ大使館の人に知ってもらいたいレゲエブログ

スカやロックステディは少ないけど、レゲエのアルバム紹介はめちゃくちゃ多いこちらのブログ。 teckiu.blog.jp 書いているのはけっこう年配の方みたいだ。 とにかく記事が多くまた頻繁に更新されるブログで、すでに数百枚のアルバムが紹介されているようだが…

ジャマイカで一番のおしゃれミュージシャン

全くの個人的意見だけど、デリック・モーガン。*1 なんだかおしゃれだなと前々から思ってはいたのだが、最近出たCDのジャケット写真にはびっくりした。 PEOPLE DECISIONアーティスト: DERRICK MORGAN出版社/メーカー: RADRE発売日: 2017/04/21メディア: CD…

ブログは動画の再生リストとして都合がいい

私は音楽の記事に一度にけっこう多くの動画を貼り付けるのだか、記事に貼った動画は自分のための再生リストとして使えるということに気づいた。 ブログに貼った動画から再生すると最初にCMが入ることなく再生できるのがいいし、一曲終わった後に自動的に次…

メルボルン・スカ・オーケストラ

これが2013年に出たファーストアルバムだが、結成は1993年だというから実はもう25年近くやってるバンド。 You Tubeでちょっと見て、アマゾンは高かったが楽天で2,000円ほどだったので買ってみた。 見ての通りの大人数バンド。 メルボルン・スカ・オーケスト…

ソングライターとしてのトゥーツ・ヒバート

トゥーツ&ザ・メイタルズのトゥーツ・ヒバートはローリング・ストーン誌による「100人のシンガー」に入っているくらいだから、ボーカルとしての評価は昔から高い。もちろんこんな記事を書いている私も彼の声と歌が大好きだ。しかし彼はまたオリジナリティの…

スカタライツ Lucky Seven

The Skatalites - Lucky Seven最初聴いたときは「ロッキー・セブン」って聞こえたけど。これはほぼ私信みたいなものです。

音楽コラムサイト TAP the POP は調べずに書くことがあるので困るが、問い合わせたら最低限の対応は一応してくれた。

TAP the POP の最近の記事で、勝新太郎の父親の杵屋勝東治は三味線の人間国宝だと書いてあるのが気になった。*1www.tapthepop.net私は大映の『座頭市』シリーズと『悪名』シリーズは全て見てDVDも10本以上持っているくらいには勝新太郎ファンなのだが、彼の…

「ジャパン・スペシャル」というスカ・ナンバー

African Rootsアーティスト: The Skatalites,Lloyd Brevette出版社/メーカー: Grover発売日: 1996/09/02メディア: CDこの商品を含むブログを見る このアルバムは聴いてすぐに気に入った。 スカタライツのオリジナルメンバーの中で、ドン・ドラモンド、ローラ…

スカタライツが美空ひばりをカバーした Ringo が入っているCDを探して

www.tapthepop.netTap the Pop のこの記事で、スカタライツが1960年代に美空ひばりの「リンゴ追分」をカバーしていたことを知ったのだが、残念ながら記事にはどのCDに収録されているかということまでは書かれておらず、それで仕方なくアマゾンで探した。 …

リンゴ・スターって身長低いのか

映画 A Hard Day's Night より。 Ringo's Theme, (This Boy) 0:45あたり、リンゴがすれ違った女の子にちょっかいを出して冷たく断られる場面の、その女の子のセリフ。 Get out of here, shorty. 要するに「チビはあっち行って」って言ってるように聞こえるの…

ジャマイカの元首相がセレクトした100曲入りコンピレーションアルバム

これはジャマイカの第5代首相だった Edward Seaga氏が監修したという4枚組コンピレーションアルバム。1959年から2009年までの50年間、ジャマイカの音楽100曲を収録している。 1499円という安い出品があったので買ってみた。今のところ2枚しか聴いてないが…

「ネルソン・マンデラ」を作ったジェリー・ダマーズが南アフリカから表彰されていたという話

「ネルソン・マンデラ」1984年シングル。 Nelson Mandela - Special AKA *1 *2 「ネルソン・マンデラを解放せよ」という直球メッセージのこの曲はそれなりに知られている曲だと思うが、ジェリー・ダマーズがこの曲によって2014年に南アフリカ政府から表彰さ…

もう一つのRingo スカタライツがビートルズの曲をカバーしていたという話②

少し前のことだが、音楽コラムのサイト TAP the POP でスカタライツが美空ひばりの「リンゴ追分」をカバーしていたという記事を読んで驚いた。 www.tapthepop.net The Skatalites - Ringo リンゴ追分(美空ひばり) それでスカタライツのCDの中で Ringo's …

スカタライツが60年代にビートルズの曲をカバーしていたという話①

後年再結成したスカタライツじゃなく、1965年、オリジナルのスカタライツがビートルズの1964年の曲、I Should Have Known Better をカバーしていたことをつい最近知った。*1 The Beatles - I Should Have Known Better [HQ] THE SKATALITES - INDEPENDENT AN…

若い頃のボブ・マーリーの意外な姿

Wailing Wailers [Analog]アーティスト: Wailers出版社/メーカー: Studio One発売日: 2016/05/27メディア: LP Recordこの商品を含むブログを見る ボブ・マーリーは最初からレゲエでドレッド、ではなかったと知ったのは実は近年のことだ。かつてはなんとなく…

Supercilious のCDを買った

これはジャンルで言うとエレクトロニカっていうの?主に聴くのはブルーズ、ソウル、レゲエの古いやつなのでこういう方面の音楽はまるで知らないんだが、踊る猫さんの記事に貼ってあった動画で聴いて好きになって探して買ってみた。ところがこれがろくな情報…

プレシャス・ウィルソンはもっと評価されるべきシンガーだと思う。

ディスコブームの頃のヨーロッパで活動していたイラプション(Eruption)というバンドがあって、1975年から1979年の間のボーカルだったのがプレシャス・ウィルソン(Precious Wilson)。 すごくパワフルな声で歌も上手い。「ボーカル担当」とかでなく、実力…

作家Aを大好きになったのだが、 しかしAが大好きだという先輩作家Bに何も感じなくて、みたいな話

これは文学でも音楽でも。たとえば近頃、私はスライ&ロビーというミュージシャンが好きになった。 スライ&ロビーの片割れスライ・ダンバーの名は、彼がソウルのスライ・ストーンの大ファンだったのでそれで「スライ」と呼ばれるようになったらしい。スライ…

TAP the POP のもう少し頑張ってほしい記事

昨年プリンス・バスターが亡くなった時に何の記事もなかった TAP the POP でも最近ようやく彼に関する記述が見られるようになってきて嬉しいところだが、もう少し頑張ってほしい。 www.tapthepop.net ここでスペシャルズの Gangsters を上げるのならオリジナ…

踊る猫さんの音楽記事はほぼ私の知らない言葉ばかりなんだが、「舐めるように聴いている。」という言葉にひっかかってしまったので。

いやこれ好きなやつかも。Supercilious - Delusion of Grandeur しかし探してもなかなか出てこないな。