膨らまない話。

Tyurico's blog

本とか映画とか音楽とか

もう一つのRingo スカタライツがビートルズの曲をカバーしていたという話②

少し前のことだが、音楽コラムのサイト TAP the POP でスカタライツが美空ひばりの「リンゴ追分」をカバーしていたという記事を読んで驚いた。 www.tapthepop.net The Skatalites - Ringo リンゴ追分(美空ひばり) それでスカタライツのCDの中で Ringo's …

スカタライツが60年代にビートルズの曲をカバーしていたという話①

後年再結成したスカタライツじゃなく、1965年、オリジナルのスカタライツがビートルズの1964年の曲、I Should Have Known Better をカバーしていたことをつい最近知った。*1 The Beatles - I Should Have Known Better [HQ] THE SKATALITES - INDEPENDENT AN…

若い頃のボブ・マーリーの意外な姿

ボブ・マーリーは最初からレゲエでドレッド、ではなかったと知ったのは実は近年のことだ。それ以前はなんとなく、ボブ・マーリーってずっとそういう感じだったと思い込んでいたので、ごく初期のレコードのジャケットを見た時はそのギャップにけっこう驚いた…

Supercilious のCDを買った

これはジャンルで言うとエレクトロニカっていうの?主に聴くのはブルーズ、ソウル、レゲエの古いやつなのでこういう方面の音楽はまるで知らないんだが、踊る猫さんの記事に貼ってあった動画で聴いて好きになって探して買ってみた。ところがこれがろくな情報…

作家Aを大好きになったのだが、 しかしAが大好きだという先輩作家Bに何も感じなくて、みたいな話

これは文学でも音楽でも。たとえば近頃、私はスライ&ロビーというミュージシャンが好きになった。 スライ&ロビーの片割れスライ・ダンバーの名は、彼がソウルのスライ・ストーンの大ファンだったのでそれで「スライ」と呼ばれるようになったらしい。スライ…

プレシャス・ウィルソンはもっと評価されるべきシンガーだと思う。

ディスコブームの頃、ヨーロッパで活動していたイラプション(Eruption)というバンドがあって、1975年から1979年の間のボーカルだったのがプレシャス・ウィルソン(Precious Wilson)。 すごくパワフルな声で歌も上手い。「ボーカル担当」とかでなく、実力…

TAP the POP のもう少し頑張ってほしい記事

昨年プリンス・バスターが亡くなった時に何の記事もなかった TAP the POP でも最近ようやく彼に関する記述が見られるようになってきて嬉しいところだが、もう少し頑張ってほしい。 www.tapthepop.net ここでスペシャルズの Gangsters を上げるのならオリジナ…

踊る猫さんの音楽記事はほぼ私の知らない言葉ばかりなんだが、「舐めるように聴いている。」という言葉にひっかかってしまったので。

いやこれ好きなやつかも。Supercilious - Delusion of Grandeur しかし探してもなかなか出てこないな。

音楽コラムサイト TAP the POP の誤解を生じさせる駄目な記事

TAP the POP という音楽コラムのサイトがあって、複数のライターによって様々なジャンルの音楽記事が毎日のように上げられている。ためになる記事も少なくないので読んでいるが、数がやたらと多いだけに中にはずいぶん程度の低いものもある。つい最近のでこ…

バグルスの売れなかったセカンドアルバムはもっと知られるべき名盤

買ってみようかと思いつつそのままになっていたバグルスのセカンドアルバムのことをふと思い出し、買って聴いてみたら一発でものすごく気に入ってしまった。古い話で恐縮だが、バグルスでわからない人も「ラジオスターの悲劇」なら知ってるかもしれない。あ…

スライ&ロビーのCDレビューみたいなもの。

昨年の11月あたりから聴きはじめたばかりのスライ&ロビーだが、得られる情報がそう多くないのにアルバムの枚数はやたら多いものだからどれを買ったらいいのかずいぶんと迷った。スライ&ロビーってレゲエのドラム&ベースのすごいベテランコンビなんだけど…

2016年、知ることができて良かったミュージシャン。

といっても新しいミュージシャン、最近のミュージシャンは一人としていないのだが。 ザ・フライング・ブリトー・ブラザーズ。あるいはグラム・パーソンズ。 ボーカルのグラム・パーソンズは生年1946年、没年1973年。ドラッグのオーバードーズで26歳の若さで…

最近初めて知って驚いた、マルコムX大学。

黒人大学*1と黒人ミュージシャンの関連でキャブ・キャロウェイのウィキの記事を読んでいた。 まず意外だったのは、彼はけっこう裕福な家庭の生まれで両親ともに黒人大学の出身で、お父さんは弁護士でお母さんは学校の先生だったという記述。 キャブ・キャロ…

最近初めて知って驚いた、アメリカの黒人大学。

黒人大学、現在では Historically black colleges and universities、歴史的黒人大学と総称されるらしい。*1 60年代中頃のソウルのライナーノーツを読んでいたら、「これは作曲者が大学生のときに作った曲だ」という記述があったので、その頃のアメリカの大…

結局プリンス・バスターの中古CDを5,500円で買った。

私が中古のCD一枚に出してもいいと思える金額は五千円程度が上限。 中古の出品を日本とアメリカのアマゾンでチェックを続けて、まあ安く買えた方だと思う。 Fabulous Greatest Hits Madness、Al Capone、One Step Beyond、Enjoy Yourself が一枚に収録され…

ザ・スパイダースってすごいバンドだよなと思うのは、

堺正章、かまやつひろし、井上順、という実に個性的で魅力的な声のボーカルが同じバンドに三人もいたということだ。 これはちょっと他にないと思う。

プリンス・バスターの訃報

珍しくアクセスが多いと思っていたら、プリンス・バスターが亡くなったというニュースが。 これだ。残念に思うが、具合が悪いという話はかねてより聞いていたのでそれほど驚きはなかった。 追悼と敬意を表するために、彼のアルバムをどっかが出すべきだ。 ww…

ソウルシンガー、ジェイムズ・カーのCDレビューみたいなもの。

いったい誰のためになるのかというやたらとニッチなCDレビューみたいなものを再度。 一からの説明とか無しで、ジェイムズ・カーをある程度知っている人を対象にした記事になります。以後も書き足し書き直しあり。 CD発売年はイギリスでの発売年の方を表…

『相楽総三とその同志』 を読んでいて引いてしまった。

勤王倒幕で働いていたのに偽官軍の汚名を着せられて処刑されてしまった相楽総三たちの冤を雪ぐために長谷川伸が記したという史伝『相楽総三とその同志』。 昔から気にはなっていたが、少し前にようやく買って読み出した。 引いたというのは以下の短い記述で…

「人の生涯を物語に仕立てる」ことを慎む

ウィキペディアを編集していて注意した方がいいなと思ったこと。既に亡くなった人物の記事を書くときのことだが、ついつい個々のエピソードの間に因果関係や影響を見出そうとしてしまう。そして上手く整理された(しかし実は安易な)「物語」にまとめようと…

ウィキペディアを大幅に編集した。

ウィキペディアのあるシンガーの記事がいろんな点で足りてないものだったので、いろいろ調べて少しずつ書き直し書き足しをしているうちにあれもこれもとなって、結局ほとんど全て書きかえてしまった。 引き合いに出すのは図々しいとは思うが、長谷川伸は自著…

ウィキペディアをちょっと編集した。

私の大好きなソウルシンガー、ジェイムズ・カーを語る上で絶対に欠かす事のできないクイントン・クランチ(Quinton Claunch)という人物のカタカナ表記がどういうわけだか「クイントン・クロウンチ」となっていたので通例の表記「クランチ」に書きかえた。 …

「電車かもしれない」の歌詞の解釈というのは

tyurico.hatenablog.com 以前、「たま」の「電車かもしれない」という曲について書いたところ思いの外アクセスがあるので驚いている。 けっこう昔の曲なのだが、それだけ曲の力が大きいということなんだろう。しかしアクセスがあること以上に意外だったこと…

アメリカ人の知らない素晴らしいソウルシンガー

私はジェイムズ・カーというソウルシンガーが本当に大好きで、彼はソウルというジャンルに限定する必要がないくらいに卓越した素晴らしいシンガーだと思っているのだが、意外なことに熱心なファンが多いのは日本とイギリスだということで、それで本国アメリ…

トゥーツ&ザ・メイタルズのCDレビューみたいなもの。

一体誰のためになるのかというやたらとニッチな情報になるが、ここ三か月ほどのあいだブログやサイトをいろいろ覗いて調べてCDを買い集めて聴いて、CDのレビューというか紹介をまとめて書いておこうと思うようになった。 結局、調べる時に一番お世話にな…

音楽少年としてのエルヴィス・コステロ

構えず気軽に作ったアルバムらしいが、エルヴィス・コステロのカバーアルバム Kojak Variety はこれが案外なかなかの名盤だと思う。 You Tubeでハウリン・ウルフの Hidden Charms をコステロがカバーしているのを聴いたのがきっかけで、そしてそれがアルバム…

トゥーツ&ザ・メイタルズっていい。

去年12月から聴きだしたばかりなんだけど、トゥーツ&ザ・メイタルズっていい。 トゥーツ&ザ・メイタルズ、というかやはりメインのトゥーツ・ヒバートがすごいと言うべきなのか。 ジャマイカの著名なミュージシャンと言えばなんといってもボブ・マーリーな…

今年知って好きになったミュージシャンは?

海外掲示板の翻訳サイトの記事でそんな感じのがあったので自分も書いてみた。 その記事は新しいというか近年のミュージシャンばかりみたいだったが、こっちは年季の入ったミュージシャンがほとんど。 だが自分に新鮮な驚きを与えてくれるのであれば時代や流…

シュガーヒル・ダウンタウン・オーケストラの何も残さない名盤

シュガーヒル・ダウンタウン・オーケストラという日本のインディーズバンドが大好きで一時期は本当にそればかり聴いていた。ギター、ベース、ドラム、女の子のボーカルの四人組で、軽快なスカ・テイストのバンドと言ったところだろうか。車中のラジオでたま…

麻雀のギャグ漫画はどうしてこう面白いのだろうか。 また錦ソクラ先生は何者か。

ろくにルールも知らないのだが、思えばどうしてか麻雀をネタにしたギャグ漫画が昔から好きだった。古くは『ぎゅわんぶらあ自己中心派』、『少年雀鬼 東』。 麻雀の話ばかりではないが、『玄人のひとりごと』も好きだった。 近年では『ムダヅモ無き改革』、そ…