膨らまない話。

Tyurico's blog

Supercilious のCDを買った

これはジャンルで言うとエレクトロニカっていうの?主に聴くのはブルーズ、ソウル、レゲエの古いやつばかりなのでこういう方面の音楽はまるで知らないんだが、踊る猫さんの記事に貼ってあった動画で聴いて好きになって探して買ってみた。ところがこれがろく…

プレシャス・ウィルソンはもっと評価されるべきシンガーだと思う。

ディスコブームの頃のヨーロッパで活動していたイラプション(Eruption)というバンドがあって、1975年から1979年の間メインボーカルだったのがプレシャス・ウィルソン(Precious Wilson)。 すごくパワフルな声で歌も上手い。「ボーカル担当」とかでなく、…

作家Aを大好きになったのだが、 しかしAが大好きだという先輩作家Bに何も感じなくて、みたいな話

これは文学でも音楽でも。たとえば近頃、私はスライ&ロビーというミュージシャンが好きになった。 スライ&ロビーの片割れスライ・ダンバーの名は、彼がソウルのスライ・ストーンの大ファンだったのでそれで「スライ」と呼ばれるようになったらしい。スライ…

TAP the POP のもう少し頑張ってほしい記事

昨年プリンス・バスターが亡くなった時に何の記事もなかった TAP the POP でも最近ようやく彼に関する記述が見られるようになってきて嬉しいところだが、もう少し頑張ってほしい。 www.tapthepop.net ここでスペシャルズの Gangsters を上げるのならオリジナ…

欧米人が芸者の真似事をするのは失礼なことか

雑誌 VOGUE で欧米人のモデルが芸者の真似事をしてる写真を載せたら、批判の声が起こって結局モデルが謝罪したんだという。謝るべきとか私は全く思わないのだが、よく読んでみると彼女は別に日本人に向けて謝罪しているわけではないようだし、怒ってる連中も…

相手の気持ちになるというのは全くの難事であるが、

相手の立場に立って考えてみることならさほど難しくはない。 まあそれで共感したり納得したりするとは限らないが、ああこういうことだったのか、ということは少なくとも後でわかったりはする。

踊る猫さんの音楽記事はほぼ私の知らない言葉ばかりなんだが、「舐めるように聴いている。」という言葉にひっかかってしまったので。

いやこれ好きなやつかも。Supercilious - Delusion of Grandeur しかし探してもなかなか出てこないな。

宗教と価値の多様性

多様性を尊重しよう、多様な価値があることを認めよう、っていうのはもう近年では疑問を抱くことも許されないような考え方だと思うが、その中に宗教まで含んだ場合はどうだろう。 宗教というものは徹底すればそもそも多様な価値の併存を許さないものだと考え…

音楽コラムサイト TAP the POP の誤解を生じさせる程度の低い記事

TAP the POP という音楽コラムのサイトがあって、複数のライターによって様々なジャンルの音楽記事が毎日上げられている。ためになる記事も多いので読んでいるが、数がやたらと多いだけに中には驚くほど程度の低いものもある。つい最近のでこんな記述があっ…

バグルスの売れなかったセカンドアルバムはもっと知られるべき名盤

買ってみようかと思いつつそのままになっていたバグルスのセカンドアルバムのことをふと思い出し、買って聴いてみたら一発でものすごく気に入ってしまった。古い話で恐縮だが、バグルスでわからない人も「ラジオスターの悲劇」なら知ってるかもしれない。あ…

スライ&ロビーのCDレビューみたいなもの。

昨年の11月あたりから聴きはじめたばかりのスライ&ロビーだが、得られる情報がそう多くないのにアルバムの枚数はやたら多いのでどれを買ったらいいのかずいぶんと迷った。スライ&ロビーってレゲエのドラム&ベースのすごいベテランコンビなんだけど自分た…

画家の描いた戦争画、素人の描いた戦争の絵。

絵とかろくに描いたこともない普通の人が自分の見た光景を描いた戦争の絵というのは拙いと言えば全く拙い絵なのだが、見ていて辛くなる何かを強く感じる。 しかしプロの画家が戦争の惨禍を描いた作品からはそのように強烈に迫ってくるものを感じたことが一度…

「大衆迎合主義」、「ポピュリズム」という全く人をバカにした言葉

大衆迎合主義、ポピュリズム、ポピュリスト。 これらの言葉を政党や政治家の批判として用いるのは結局、大衆はまともな判断ができない愚かで教導すべき存在だと言っているのと同じだ。実は露骨にバカ扱いしてるな。

2016年、知ることができて良かったミュージシャン。

といっても新しいミュージシャン、最近のミュージシャンは一人としていないのだが。 ザ・フライング・ブリトー・ブラザーズ。あるいはグラム・パーソンズ。 ボーカルのグラム・パーソンズは生年1946年、没年1973年。薬物のオーバードーズで26歳の若さで死ん…

大統領選挙と「アメリカの分断」

トランプ大統領の選出という結果をまるでこの世の終わりが来たかのように嘆くというのは、馬鹿にするにせよ騙されてるのだと憐れむにせよ、とにかく彼に投票した人たちを「愚かな判断をした人たち」と見なすことにおいては違いがない。 今回の大統領選挙をめ…

最近初めて知って驚いた、マルコムX大学。

黒人大学と黒人ミュージシャンの関連でキャブ・キャロウェイのウィキの記事を読んでいた。 まず意外だったのは、彼はけっこう裕福な家庭の生まれで両親ともに黒人大学の出身、お父さんは弁護士でお母さんは学校の先生だったという記述。 キャブ・キャロウェ…

最近初めて知って驚いた、アメリカの黒人大学。

黒人大学、現在では Historically black colleges and universities と総称されるらしい。*1 60年代中頃のソウルのライナーノーツを読んでいたら、「これは作曲者が大学生のときに作った曲だ」という記述があったので、その頃のアメリカの大学生なんだから白…

結局プリンス・バスターの中古CDを5,500円で買った。

私が中古のCD一枚に出してもいいと思える金額は五千円程度が上限。 中古の出品を日本とアメリカのアマゾンでチェックを続けて、まあ安く買えた方だと思う。 Fabulous Greatest Hits Madness、Al Capone、One Step Beyond、Enjoy Yourself が一枚に収録され…

「怒りと正しさ」

ブログを数年続けてきて読み返してみて、結局同じことを違ったポイントから繰り返し書いていたんだ、ああこれは自分が年来ずっと抱えていたテーマみたいなものだったんだとはじめて気づいて、一つカテゴリーを新設することにした。カテゴリー名は「怒りと正…

ザ・スパイダースってすごいバンドだよなと思うのは、

堺正章、かまやつひろし、井上順、という実に独特で魅力的な声のボーカルが同じバンドに三人もいたということだ。 これはちょっと他にないと思う。

近頃の大前研一さんは全くどうかしてる。

腕組みして睨みをきかせ「君はグローバルなステージで生き残れるか」みたいなデカイこと言いつつ素人相手の小商いをするのが大前さんのはずだ。 こんなフレンドリーでお得感があるのは大前さんじゃない。 一体どうした。 tyurico.hatenablog.com

プリンス・バスターの訃報

珍しくアクセスが多いと思っていたら、プリンス・バスターが亡くなったというニュースが。 これだ。残念に思うが、具合が悪いという話はかねてより聞いていたのでそれほど驚きはなかった。 追悼と敬意を表するために、彼のアルバムをどっかが出すべきだ。 ww…

ブログを書く意味、ブログに書く意味。

たいした考えもなく始めたブログだが、続けてみてブログを書く意味は確かにある、と感じるようになった。頭の中でただ漠然と考えるのでなく実際に書くことによって、文章として形を取らせることによって、自分でも初めて分かったこと、気づいたこと、整理で…

怒りと納得

ひとたび納得がいってしまうと人はもう怒ることができない。だとすれば怒りを抑えるために向けるべきものは、忍耐とか冷静さのようなものではなく偏に歪みのない認識である、ということになるだろう。

「はてなキーワード」の自動リンクが嫌だ。

シベリア抑留に関係してシベリアって書いたら、半年くらいしてお菓子の「シベリア」でリンクが付いているのに気が付いた。それでリンクされないように手を加えた。 はてなの自動リンク、本当にやめてほしい。 関係ないものにまでリンクが付くのが嫌だし、そ…

福島の原発がああなって以降、

それらの諸々を何とかするための費用が現時点で累計いくらになっているのか、そういうデータをずっと追跡的に追っている所はどこかないものだろうか。研究機関でもマスコミでも政党でも。それでそういうのをはっきりと見せるサイトとかないんだろうか。今ま…

命の危険を冒してまで移民が大挙して遠い異国に押し寄せて来るということは、

彼らが「自分の国では満足に暮していける望みが到底ない、行けるんだったら手を尽くしてなんとしてでも他所の国に行った方がいい」と考えているということだろう。それで、「彼らはそこまで追い込まれているのだ」と考えることもできる。 だからそれに対して…

文章の丁寧と親切

ブログを書くに際して文章を丁寧に書くことは心掛けているが、親切に書くということはあまり心掛けない。

「なぜ日本はスティーブ・ジョブズのような人間が出てこないのか」という問いをよく見かけるが、

日本だけでなく、アメリカ以外のどの国からもジョブズのような人間は出てないんだから、 「なぜアメリカはジョブズのような人間が出てくるのか」と問い直すべきだ。 問い自体がおかしい。

ソウルシンガー、ジェイムズ・カーのCDレビューみたいなもの。

いったい誰のためになるのかというやたらとニッチなCDレビューみたいなものを再度。 一からの説明とか無しで、ジェイムズ・カーをある程度知っている人を対象にした記事になります。以後も書き足し書き直しあり。 CD発売年はイギリスでの発売年の方を表…