膨らまない話。

Tyurico's blog

そんな読書はしたくないしそんな友達もいらない。

千夜千冊で知られる松岡正剛さんの文章。 ふつう、誰かに脅されて本を読むことはないが、ぼくは高校の親友から脅されて読んだ本があった。 「おまえ、大審問官も知らないのか、カラマーゾフだよ」 「知らない」 「だったら読むまでは、おまえとはつきあえないな」 …

大関になるにはまだ何かが足りないか

御嶽海は優勝経験があり三役の地位も長く間違いなく力のある力士だが、逆に言えば三役が長いというのは大関の手前でずっと足踏みを続けているということでもあり、やはり何か足りないのだ。 稽古か、気持ちか、考えか。

鍋を使わず簡単に1カップのかつおだしを取る

「かつおだし1カップ」を簡単に取る方法。 1カップなんて少量は鍋ではむしろやりにくい。 だが料理本なんかでは「だし1カップ」が当たり前のように何の説明もなく出てくることがよくある。困るのだ。 200㏄計量カップに茶漉しをセットし、茶漉しにパック…

アース・ウインド & ファイアーの The Promise は買ってほんとに良かった、のだが気になる話が

tyurico.hatenablog.com私が買ったのはAvexから出た日本盤で、解説とか対訳付き歌詞カードとか付いててそれは嬉しいのだが、この日本盤は CCCD、コピーコントロールCDというやつだった。*1この CCCD というのは色々問題点が指摘されていたことを買った後に…

アース・ウインド & ファイアーの The Promise は買ってほんとに良かった。

映画、Undercover Brother のサントラ盤の調べごとから2003年のEWFのアルバム The Promise のことが気になって買ってみたら良いアルバムで、かなり気に入ってしまった。ジャケット・アートは日本人の Morito Suzuki さんという方らしい。 ザ・プロミス (CCCD…

誰かの利益は誰かの損失である世界

投資は損する者がいるから儲けが得られる世界で、皆が儲かる世界ではない。 ならば既存のプレイヤーは不慣れなビギナーたちが増える方が得である。 投資に誘う言葉というのはおよそ虎狼の甘言の類いと心得るべきか。

低温調理の煮魚

近頃の料理のテーマは低温調理の煮魚。と言っても特殊な器具を使うわけではなく普通のガスコンロで作る。 さばの味噌煮とぶり大根は成功した。 もともと煮魚って大して好きじゃなかったんだけど「これは度々作りたいな」と自分でも思う味になって、かなり上…

キング・トーンズはドゥーワップじゃないし、R&Bチャート48位というのも嘘、と山下達郎さんがラジオで力説していた。

3月31日のサンデーソングブックは内田正人さん追悼の「ザ・キング・トーンズ」特集だった。 その中で山下達郎さんが、どうしても言わなきゃならないこととして力説していた。 達郎さんがそこまで言うのだ、何はともあれ書き残しておこう。 今日と来週のキン…

「これが正しい」と主張することは結局、

「これ以外にはない」、「これの他は間違っている」と他を否定することだ。ならば、正しさにおいて譲らないことは争い、諍いを招く。 ささいな言い争い、正当な論争、つまらないケンカ、殺し合い、紛争、内戦、諸々。

正しくない歩き方

昔エッチなマンガで売れっ子だった「みやすのんき」先生は、驚いたことに近年ランニングメソッドの本とかでヒットを出していた。 私はランニングはしないが、ウォーキングの本もあったので図書館で借りてきた。無理無駄のない効率的な歩き方には興味があるの…

優れたアスリートのフォームの特徴を真似るのは時に無意味であること

「優れたアスリートはここが違う」と、そのフォームの特徴に着目して「この点を意識してトレーニングしましょう」という指導がされるのだが、あまり効果が見られないばかりかむしろ混乱を生む、というようなことは結構あると思う。というのは、そのアスリー…

中国はイスラム教徒に豚肉を食わせるのだという

www.jiji.comマジか。 事実とすれば畜生にも劣る外道。

これはアース・ウインド & ファイアーの知られざる名曲ということだろうか

Whatever Happened EWF.m4vこの曲大好きなんだけど、調べてみても詳しいことが分からない。 アース・ウインド&ファイアーなんて超メジャーなバンドでそんなことあるかと思われるだろうが、そうなのだ。 実際、YouTubeにも2本しかアップされてないし、そのコ…

スマホ一つで何でもできる、という便利さは

スマホがなくなったら何にもできない、というリスクでもある。

コンビニのホット缶コーヒー売り場、温度を二段階にしてほしい

私はホット缶コーヒーの熱いのが好きなので、口にしてみたら思いの外ぬるかった時は結構がっかりしてしまう。「熱い」、「温かい」とか二段階にして売ってくれると嬉しいんだが。

鳥山先生が語るデビュー前のエピソードはまんま事実だったらしい

「おかーさん100円ちょー」 ――鳥嶋さんは先ほど「鳥山明さんの才能は漫画を知らないことだ」とおっしゃいましたが、鳥山さんの才能を引き出すためにどんな働きかけをされたのでしょうか? 鳥嶋: 「作ってはつぶす作業」を繰り返しましたね。鳥山さんは朝起…

人間の身体ってそもそも厳密な左右対称じゃないんだし

整体とかで身体の左右の歪みは良くないと言われるが、臓器は左右非対称だし利き手利き足で筋量が違うから左右の重さも違う。人間そもそも左右対称じゃない。あんまり歪んでたら問題だが気にしすぎるのは無駄かと。

超絶折り紙作家 渡邊慧さん

私は折り紙が好きだ。といっても自分では全然できなくて、美しい折り紙作品を見るのが好きなだけなのだが。 折り紙はもうORIGAMIともなっていて日本でも海外でもすごい作品を創る人が多くいるが、中でも私が驚いたのは神谷哲史さんという方で、かつて…

包丁が研げているか爪を傷つけずに確認する方法

包丁がちゃんと研げたかチェックする方法として昔から言われているのは、爪の上で包丁を滑らせて刃の食い付き具合を見るというやり方なんだけど、これ爪を傷つけるから女性はやりたくないよなあと思っていた。おっさんですが。それにこのやり方、刃がスイス…

ミシュラン3つ星を世界最年少で獲得した鬼才、「星返上」の真意は

ミシュラン3つ星を世界最年少で獲得した鬼才、「星返上」の真意は | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 若かったころ、私はレストランで一番大事なのは料理だと思っていた。だが、今では一番重要なのは「雰囲気」だと知っている。次がサービス、3番目が料…

薬物使用より、ピエール瀧にもストレスがあったことの方が驚きなんだが

「ストレス解消のため」=ピエール瀧容疑者 www.jiji.com まさかあんな人にストレスとは。ほんとかね。

『どろろ』は百鬼丸の闘う理由というかゴールが明快すぎるか

供犠として魔物に捧げられた百鬼丸は、魔物に奪われた自分の身体を取り戻すための闘いの旅を続ける。設定の凄さにびっくりして原作マンガを読んだはずなのだが、実は結局話がどう終わったのか全然覚えていないのだった。印象に残らなかったのかそれとも途中…

コンニャクちぎるのって、ステンレスの計量カップでやるのが楽だし早いよ

コンニャクは手でちぎるかスプーンでちぎります、という説明ばかりだけど、ステンレスの計量カップを使ってちぎる方が楽だし早い。力を入れやすいし手の向きも楽だし、逆にスプーンだとまな板との間に隙間ができてしまうので。 和平フレイズ 計量カップ ステ…

スマホは独裁政治にも便利

通信、購入、決済、予約、その他諸々、何でもスマホ一つで済ませられる便利さというのは、誰と連絡したか、何を話したか、今どこに居るか、どこへ移動したか、何を買っているか、どのような交遊関係か、こういった個人の情報がリアルタイムで一つの機器に集…

セリーヌ・ディオンの子供服のブランドの話で思ったこと

セリーヌ・ディオンが子供服のブランドを立ち上げて、デザインは男女共通で色はモノトーンにした、というような話をラジオで聞いた。男の子にはブルー、女の子にはピンクというような分け方は押し付けではないのか、という考え方だ。でも結局これもまた大人…

『どろろ』と『ベルセルク』って似たとこあるな

『どろろ』の新作アニメを放送してるということから思いついたことだが、『どろろ』と『ベルセルク』って似たところがある。検索してみるとやっぱりそう感じている人はけっこういるようだ。 供犠として魔物に捧げられたが辛くも生き延びた身体に欠損のある男…

煮干しは熱湯に20分浸けるだけで簡単にだしが取れるよ

今回は、三つ四つに割いた煮干し、煮干し丸ごと、両方でやって比較してみた。水500ccに煮干し10g。 煮干しは地元のスーパーで買ったやや良い物。小さいので7㎝、大きいので10㎝といったところ。水は水道水。室温22度。 湯が沸いたら火を止め、煮干しを入…

シンガーとしてのリー・ペリー

リー・ペリー、Lee 'Scratch' Perry はキング・タビーと並んでダブの始祖と称されるお方だが、彼はエンジニア、プロデューサーだけでなく、自分でも歌う。というかむしろ最初はシンガーだったと言うべきなのか。 上手いとか声がいいとかじゃないんだが、私は…

人間が得る知識は帰納と演繹と伝聞の三つ。

人間が知識を得るのは帰納と演繹と伝聞の三つによる、というようなことを言ったのは誰だったか。 だいぶ昔のこと新聞のコラムで読んだのだが、今回調べてみても見つからなかった。たしかアランだったと思う。 おそらくはその通りで、帰納、演繹、伝聞の三つ…

くら寿司さんはもうちょっと文章を推敲すべきだったのでは その続き

tyurico.hatenablog.comくら寿司さんの謝罪文を誤解している人たちがいる、ということを先日書いたのだが、その後、もうちょっと面倒なことらしいとわかった。そもそも文章を不正確に引用している記事がけっこうあるのだった。 こちらがくら寿司さんの文章。…