読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らまない話。

Tyurico's blog

「どんどん解ってしまう人」と「簡単にそうはいかない人」の違い  『橋本治と内田樹』を読んだ

そうだろうか 本とか映画とか音楽とか ほとんど誰も書いてない話

橋本さんと内田さんの対談本を読んでみた。
橋本さんはずいぶん昔から物書きの人で、内田さんはこの頃の人だけど、実は二つしか歳が違わないらしい。

内田さんが橋本さんをずいぶん賞賛していることは他の本で知っていたけれど、この対談を読んでみたら、正直言って内田さんは橋本さんを実際どれくらい好きなんだろうか、もっと率直に言うと実は内田さんは橋本さんの本をあんまり読んでないんじゃないのかと疑ってしまう箇所がけっこうあった。
 
例えば204ページからの話、現代国語の記述問題が苦手だったと話す橋本さんに対して内田さんが、あれは著者じゃなく出題者の頭の方に同調するんですよ、と至って秀才的な返しをすると橋本さんが、 「そんなことできないですよ。だって俺、好きじゃない人に頭を合わせられないから。(笑い)」 と答える。
これに内田さんは 「いろいろともう・・・・・・面倒の多い人ですね!(笑い)」 と最初は呆れて見せて、次いで 「好きじゃない人の思考回路と共感するのは苦手ですか? できない? やる気ないですか?」 とまで言い出すのだけれど、橋本さんの本をある程度読んでいれば橋本さんのこういう言葉はそもそも全然意外なものではないはずなのだが、と不審に思う。
 
またこれは190ページから、抽象概念をなんとなく理解するようなことができないという橋本さんが、「ドイツ人の何とかが言った話というふうになると、その人が18世紀だとすると、「18世紀ぐらいのドイツってこういうような状況で、キリスト教圏でプロテスタントだったらこうで」 とかいうふうにやって、そういう歴史的な背景から、「ああ、じゃその言葉はこういうことから出るのかな」 みたいな、厄介な手順踏まないと、俺わからないんです。ほんとうに。」 というように説明をすると、内田さんはそれに対して 「うーん。」 と唸って不思議そうにしている。
でもこれもいかにも橋本さんらしいとしか思えない話で、抽象概念の理解に限らず橋本さんという人は 「厄介な手順踏まないとわからない」 という面倒なことを一貫してずっとやってきた人なのではないかと思うのだけれど。(でも好きじゃない人に頭を合わせるような類の面倒は嫌だしできない。)

読者向けに対談相手の役割としてあえて大げさに驚いて見せている、という見方もあるかもしれないが、読み返してみてもやはり内田さんは本当にびっくりして最後まで納得が行ってないように思える。
こういう食い違いを見ていると、内田さんは橋本さんがわざと知識人らしからぬふりをしていると思っていて「ほんとはすごい知識人なのにこんなふざけた本なんかも書けちゃう橋本さんってすごい」って持ち上げているんじゃないのかとすら思えてきた。
 
あと最後に気になったのが、対談の終わりに内田さんがサインをお願いするために 『デビッド100コラム』 という橋本さんの昔の著作を取り出してきて、そこで初めて内田さんはこの本が 『100コラム』 なんてタイトルなのに雑誌連載のコラムをまとめたものではなく、わざわざ100個分のコラムみたいなものを一気に書きおろして作った本だったことを知って、それにえらく驚いたりはしゃいだりしていることで、だけど 「書き下ろしコラム」 なんていう橋本さんならではの馬鹿馬鹿しさを今までずっと理解していなかったというのは、ずっと昔からファンなんですと熱心にアピールしているのにこれはどうしたもんだろう。
目に付きにくい場所だとはいえ 「本書は、著者初の書下し100コラムである。」 と説明がついているし、「コラム」 によって文字数が多かったりまるで少なかったりバラバラで中にはたった一行しか書いてない箇所だってあるんだし。
 
 
合気道とかいろいろ実践している内田さんは「自分は体の人だ」と自負しているのだと思うが、でも色んなことが「どんどん解ってしまう」内田さんは、結局のところ「体の人」ではなく「頭の人」だったのではないか。そう思うようになった。
橋本さんだったら、「ああヤダ!誰がそんなの解ってたまるもんか!」っていう感覚が先に立つと思う。
おそらく内田さんは自分と橋本さんが同類だと思っている、あるいは、同類と見られたいと思っている。
だが実際のところ内田さんが思っているほど内田さんと橋本さんは重なっていないのだろうと私は読んだ。
 
改めて考えてみれば、体を動かしているから「体の人」だといういうこともないわけで。



「橋本治と内田樹」 - 日々平安録

 
 
 

橋本治と内田樹

橋本治と内田樹

「わからない」という方法 (集英社新書)

「わからない」という方法 (集英社新書)

ああでもなくこうでもなく

ああでもなくこうでもなく

デビッド100コラム (1985年)

デビッド100コラム (1985年)