膨らまない話。

Tyurico's blog

「返り血を浴びる覚悟」なんてのは覚悟ではない。

ニッポンの書評 (光文社新書)

ニッポンの書評 (光文社新書)

 

「批判は返り血を浴びる覚悟があって初めて成立するんです。」 p.115

ニッポンの書評 文社新書 豊崎由美

「お前にその覚悟はあるのか」、「こっちはその覚悟で書いているんだ」と言いたいんだろうが、「返り血を浴びる」という言葉がどういう比喩なのか全く理解することができない。
 

斬りつけておいて自分は返り血だけで済むんだったら楽勝だ。
というかえらく虫のいい話、おめでたい話だ。自分が斬られること、自分が血を流すことは少しも考えてないのだから。

ならば逆に斬られても当然だ、と言うのなら確かにそれは覚悟だが。
 

だいたい批判や批評を斬り合い殺し合いに喩えるなんていうのが大げさすぎるしまた気楽すぎる。
それに覚悟が有るだの無いだのと厳しいことを言っておきながら、そこに比喩表現を入れてしまうのは一体どういう考えなんだか。覚悟というのものはそんな曖昧で間接的なものなのか。 

返り血を浴びるのに覚悟が要る状況なんてエイリアンと闘う時くらいだ。
 
こういう大げさで雑な言葉で語られるのが文学というものなのか。