読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らまない話。

Tyurico's blog

シュガーヒル・ダウンタウン・オーケストラの何も残さない名盤

シュガーヒル・ダウンタウン・オーケストラという日本のインディーズバンドが大好きで一時期は本当にそればかり聴いていた。

ギター、ベース、ドラム、女の子のボーカルの四人組で、軽快なスカ・テイストのバンドと言ったところだろうか。ラジオでたまたま耳にした「レモネード・スカ」にすっかりやられてしまって、手に入るCDは全部買った。
しかしフルアルバム二枚だけで解散してしまったみたいだし、ネットで記事なんかを探しても得られるものがほんと非常に少ない。
 
なんでだろう。
曲はすごく良いと思うんですよ。楽器一つ一つの演奏というかフレーズというかはごくシンプルなんだけど、それを重ねた音は複雑な魅力を持っていて。
 
曲の全てはギターのツンツンこと塚本さんという人が作っていて、この人がとにかく音楽好きな人なんだと思う。ミュージシャンに対して「音楽好き」って言い方も変だとは思うが、自分の思いやメッセージを届けたくて曲を作るようになったミュージシャンと、とにかくカッコ良い曲や音が好きでいろいろやっているうちに自分でも作りだしたミュージシャンに分けるとすれば、塚本さんは間違いなく後者のタイプなのだ。*1
 
そういうこともあってだと思うが、シュガーヒルの歌詞や曲名にはほぼ意味が無い。
物語的なもの、メッセージ的なものは少しも見出せない。情景すらほとんど浮かばない。
だからボーカルも気持ちを込めて歌い上げるみたいな歌い方はしないでごくフラットに歌う。またインスト曲の比率も大きい。
当然のこととして自分を重ね合わせて曲を聴くということは起きない。「私の歌」として胸に残るようなことはない。だから熱っぽく語られることもない。


こう書いてみるとすごいマイナーな存在であるのもある程度は納得がいくのだが、シュガーヒルはもっと評価されていいバンドだと思うし、また塚本さんの優れたセンスももっと知られるべきではないかと思う。
 
シュガーヒルについて書いている人がほとんどいないので書いてみた。
しかし音楽について書くのは本当に難しい。
 


f:id:Tyurico:20160808191320j:plain
SPECIAL,SELECTER,BEAT MADNESS!!!
2004年。3曲目の「レモネード・スカ」が最高。
キャッチ―な名曲。軽快な映画のエンディング・ロールに流れてたらいいだろうなとか夢想する。 
スペシャセレクター、ビート マッドネス!!!」というアルバムタイトルは1980年頃のイギリスの四つのスカ系バンドの名前から。
 


f:id:Tyurico:20160808192343p:plain
GOLD BLEND(仮)
2006年。かっこいいインスト曲が多い。特に5、6、7曲目、立て続けに良い。
ラストの短いインストなんかごくシンプルなフレーズというか演奏を二つほど重ねただけなのにすごくおもしろい曲が出来上がっている。
しかし「かっこいい」くらいしか言えないのがもどかしいお恥ずかしい。



 

*1:ピチカート・ファイヴ小西康陽さんみたいな感じか。