膨らまない話。

Tyurico's blog

ウィキペディアを大幅に編集した。

ウィキペディアのある人物の記事がいろんな点で足りてないものだったので、いろいろ調べて少しずつ書き直し書き足しをしているうちにあれもこれもとなって、結局ほとんど全て書きかえてしまった。

 
引き合いに出すのは全く図々しい限りだが、長谷川伸は自著『相楽総三とその同志』を「紙の記念碑」、「筆の香華」と呼んでいた。

私も、不確かで断片的な記述しか見られない彼の記事をせめてもう少しちゃんとしたものにしてやりたい、また、彼のことを知りたいと思った人にきちんとしたものを伝えたい、と思って調べはじめた。
一通り書き終えて、これも彼の墓碑銘を記すのに似た作業だったと思える。
 
短いものだが、本文より脚注の量の方が多いくらいだから少なくとも主観的な記述にはなっていないだろうし、本国の言語での記事よりも充実しているくらいだから、少しはましなものが出来たかと思う。