膨らまない話。

Tyurico's blog

画家の描いた戦争画、素人の描いた戦争の絵。

絵とかろくに描いたこともない普通の人が自分の見た光景を描いた戦争の絵というのは拙いと言えば全く拙い絵なのだが、見ていて辛くなる何かを強く感じる。
しかしプロの画家が戦争の惨禍を描いた作品からはそのように強烈に迫ってくるものを感じたことが一度もない。
 
もちろん彼らも真剣な気持ちで描いたのだろうし、実際に悲惨な体験を生き延びてそれを描いた画家もいる。
 
しかしとにかく、絵を描くにあたっての構想があってそれで下絵を作って、構図や表現の工夫を重ねた上で作品として仕上げているのであれば、少なくとも「より良い表現」、「より良い作品」を求めて制作に向かうだけの気持ちの余裕はあるのだと考えられて、それで画家の描いた戦争画というものは結局、「まず安心して見られる優れた絵画作品」あたりで終わってしまうのではないかと思う。
 
素人の描いた戦争の絵はそんなどころではない。そんな余裕は無い。
戦争の悲惨さを見る者の心に訴えたいという画家の思いがもう不純物になってしまうのではないか。
 
 
 
tyurico.hatenablog.com