読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らまない話。

Tyurico's blog

プレシャス・ウィルソンはもっと評価されていいシンガーだと思う。

ディスコブームの頃のヨーロッパで活動していたエラプション(Eruption)というバンドがあって、1975年から1979年の間ボーカルを担当していたのがプレシャス・ウィルソン(Precious Wilson)。
エラプションはそれなりにヒット曲もあって日本でも発売されたらしい。



ERUPTION - I Can't Stand The Rain (1978)
オリジナルはアン・ピーブルスアン・ピーブルスは知らなかったが、トゥーツ・ヒバートのカバーで曲は知っていた。
 

Eruption - The way we were
スローな曲がまたいい。ディスコブームとか関係なく確かな実力のある歌手という感じ。 
 

ERUPTION.''LEAVE ALIGHT.''.(VALLEY OF THE DOLLS.)(12'' LP.)(1979.)
あの時代なので衣装はこんな風だが。なんだろ、コズミック&エキゾチックみたいな雰囲気?
 

Eruption -- One Way Ticket (12" Extended Mix)
これは『恋の片道切符』のタイトルで日本でも発売されたらしい。ニール・セダカの曲のカバー。
 
 
ディスコブームの数あるバンドの一つとしてしか認知されていないと思うが、彼女のボーカルはブームを突出していると思う。普通にソウル、R&B系のシンガーとしてもっと活躍できたと思われるのに惜しい。
まあつい最近知ったばかりなんだが。
 
極東の一隅において小さな声で語るばかりだけれど、プレシャス・ウィルソン、あなたの歌声は素晴らしいです。
 

 

ERUPTION FEAT. PRECIOU

ERUPTION FEAT. PRECIOU

ファーストアルバム
 
LEAVE A LIGHT

LEAVE A LIGHT

セカンドアルバム
 
Greatest Hits

Greatest Hits

コンピレーション盤。代表曲がリミックスされていて、アメリカのアマゾンを見ると往時のファンの怒りと不満の声が並んでいた。