膨らまない話。

Tyurico's blog

合気道とかの達人技はたぶんこういうこと

合気道とかで技をかけられた人間が、全く抵抗できず操られるみたいに投げられたり倒されたりするのは傍目にはなんかヤラセみたいに見えるが、実際に技をかけてもらって自分で体験してみると「ああこういう不思議なことも実際あるんだ」と思った。*1

とはいえ改めてこれをよく考えてみると、全く理解不可能な不思議なこと、科学的にあり得ないような現象が起きているわけでもない。
 
ああいう達人技はたぶんこういうことなんだと思う。
そもそも人間の体や動きで意識的に制御しているのはほんの一部に過ぎず、かなりの部分はサブシステム、下位のシステムが自動的に行っている。*2
② ONにするのかOFFにするのかはわからないが、とにかくそのサブシステムに干渉することによって、抵抗できないような形で投げたり倒したりする。

 
人間は自分の体や動きを全て自分の意識で制御しているわけではなく、かなりの部分はサブシステムに任せっきりにしていて意識は関与していないと考えるなら、ああいう技が可能であること、ああいうふうに手もなくやられてしまうことは納得できる。

でもどうやったらできるかという点はやはりわからないので達人技ができるようになるわけではないが。
  

*1:そうは言うが、やはり大半は偽物だと思う。

*2:例えば、重要な姿勢制御はほぼ自動的に行われる。こう書いて気づいたが、身の安全に関わるような重要な反応はたぶんほとんどが自動的に制御されると考えられる。