膨らまない話。

Tyurico's blog

ソングライターとしてのトゥーツ・ヒバート

トゥーツ&ザ・メイタルズのトゥーツ・ヒバートはローリング・ストーン選出の「100人のシンガー」に入っているくらいだから昔からボーカルとしての評価が高く、こんな記事を書いている私も彼の声と歌がもちろん大好きだ。

しかし彼はまたオリジナリティの高いソングライターとしても評価されるべきだと私は思っているのだが、そういうことを述べたものをこれまで読んだことがない。というわけで私がここに書こうと思う。

Monkey Man, Pressure Drop, Funky Kingston といった代表曲以外で魅力的な曲を紹介していきます。

 
1963年。

THE MAYTALS as THE VIKINGS - SIX AND SEVEN BOOKS OF MOSES
当時どういう事情だったのか、 The Vikings という違う名前でもレコードを勝手に出されていたらしい。コクソン・ドッドのプロデュースとなってるから演奏はスカタライツだろうか。*1



1964年。 

Toots & the Maytals (as The Flames) - Broadway Jungle
お猿の鳴き真似も楽しい。これはまた The Flames という名前でレコードを出されていた。プリンス・バスターのプロデュースとなっている。ということはこれはスカタライツの演奏ではないということか。*2



1968年。

the Maytals - Just tell me  
これはロックステディでいいんだろうか。上の2曲とは違ってポップな感じの良い曲。



1969年。

The Maytals "Sweet and Dandy"
映像は1972年の映画、The Harder They Come。



1974年。

Toots and The Maytals - Revolution
トゥーツは似たものがちょっと思いつかない独特な曲を作る。



1974年。

Toots And The Maytals - Love Gonna Walk Out On Me



1979年。

Toots & the Maytals My Love Is So Strong
いかにもトゥーツらしいパワフルなボーカル。



1983年。 

Toots & The Maytals - Spiritual Healing
ジャマイカの音楽はアメリカの音楽の影響を強く受けているのだが、トゥーツは特にそれが強いみたいで、この曲なんかすごくソウルっぽいテイスト。
スカ、ロックステディ、レゲエとずっと活動してきたトゥーツだが、彼はラスタではなくドレッドにもしないし Jah とか言わない。だからレゲエ・ミュージシャン、っていう言い方もなんだかで、ちょっとジャンルで語りにくいところがある。ドラムとベースはおそらくスライ&ロビー。*3 *4
 
 
tyurico.hatenablog.com

 

*1:コンピレーションアルバム Time Tough のライナーノーツの記載による。

*2:同じく Time Tough のライナーノーツの記載による。

*3:Rasta Man なんて曲もあるし、後年のアルバム Light Your Light ではあまり似合ってないドレッド姿も披露しているが、たぶんそういうのは「一応ちょっとやっておくか」くらいの感じじゃないかと思う。

*4:まあジャンル分けなどどうでもいいのだが。