膨らまない話。

Tyurico's blog

パラゴンズのCDがお買い得でかなり、いやすごく良かった。

パラゴンズ、The Paragons は主にロックステディの時期に活躍したジャマイカのコーラスグループ。*1
メンバーはけっこう入れ替わったようだが、ボブ・アンディ、ジョン・ホルト、タイロン・エヴァンスなど。

On the Beach

On the Beach

Trojan Records から発売。2枚組CDで1966年から1982年までの曲を収録している。パラゴンズってロックステディだけだと思っていたのだが意外と活動が長くてこのアルバムもむしろレゲエの曲の方が多いくらいだった。2枚組の新品が送料も入れて1,000円ちょっとの安さだった。
調べてみたがパラゴンズのCDはそんなに多く出ていない。これは収録曲は多いし安いし発売は Trojan だし、一つ買うとしたら現在のところこれがベストだと思う。*2


1967年。

The Paragons - "The Tide Is High" (Official Audio)
この曲がたぶん一番有名で、タイトルも知らないのにカバー曲を聴いたことはあった。


1967年。

THE PARAGONS TALKING LOVE wmv
もうイントロのホーンからいいなあ。


1968年。

Paragons My Best Girl
話は違うが、オーディオテクニカのプレイヤーがカッコいいこと。


1968年。

The Paragons - I'm A Worried Man


1968年。

The Paragons - Equality And Justice (Official Audio)
これはもうレゲエ。


1968年。

YOU MEAN SO MUCH TO ME THE VICEROYS
これもレゲエ。こういう感じのレゲエもいいなあ。
 
 

*1:ロックステディは、1966年から1968年辺り、レゲエが生まれる前の短期間に流行ったジャマイカのポピュラー音楽。

*2:paragon とは「模範」、「鑑」という意味。それでアマゾンで探すと同じような名前の他のアーティストなんかも一緒に引っかかってしまう。だいたいパラゴンズという名前も、先にアメリカにあったパラゴンズというグループの名前を勝手に頂いたものらしい。