膨らまない話。

Tyurico's blog

キング・トーンズはドゥーワップじゃないし、R&Bチャート48位というのも嘘、と山下達郎さんがラジオで力説していた。

3月31日のサンデーソングブックは内田正人さん追悼の「ザ・キング・トーンズ」特集だった。
その中で山下達郎さんが、どうしても言わなきゃならないこととして力説していた。
達郎さんがそこまで言うのだ、何はともあれ書き残しておこう。
 

今日と来週のキング・トーンズ特集で、どうしても申し上げなきゃいけないことがありましてですね、無駄と知りつつ申し上げますけれども、キング・トーンズはドゥーワップ・グループじゃありません!
 
彼らの音楽的原点であるプラターズの全盛期の活動というのは、厳密にはドゥーワップ・グループとは定義されていませんでした。
ただ、もう今はアメリカの文化史も相当アバウトになっちゃったんで、今みんな一緒くたにされてしまった結果そうなりました。
ましてドゥーワップはおろかですね、バーバーショップ、オープンハーモニー、ジュビリースタイル、カルテットスタイル、そうしたコーラススタイルに関する明確な音楽的説明が今やもうまったくなされなくなった今の時代の中ですと、キング・トーンズは結果的に「近似値としてのドゥーワップ」というカテゴライズでしか日本では選択の余地がなかったんで、ドゥーワップということになります。

 
蛇足ですけども、鈴木雅之山下達郎以前には日本のメディアで「ドゥーワップ」という単語はありませんでした。
ドゥーワップ」自体が60年代以降の用語で造語でありますので、キング・トーンズのみなさんが自分たちがドゥーワップ・スタイルと意識したことは、それは後付けであります。これだけは言っておかなきゃならない。

 

もうひとつですが、いまウィキペディアとかそういうデータを見てると、「グッドナイト・ベイビー」はアメリカでアトコのレーベルから発売されまして、ビルボードのR&Bチャートで48位を取ったという、これは虚報です。
私の知り合いのそうしたチャートのエキスパートに四人確認を取りましたけれども、全員が否定しました。R&Bチャートに入っておりませんし、もしくは全米チャートにも入っていません。
ただひとつ、キャッシュ・ボックスの1969年の5月に最高114位という、このランキングが記録に残る唯一のものです。上柴とおるさんからうかがいました。

アメリカでも発売されたというのは本当だ。でも今と違ってアメリカのチャートのデータなんか知りようもない当時のことだから、宣伝のためにレコード会社がそういう事実無根のキャッチコピーを書いたなんてのはありそうなことだ。
  

でもそれをいまもうほんとに検証することなしに拡散するんです、一般メディアがね。で、「グッドナイトベイビー」はビルボードのR&Bチャートに入ったんだと。
でもそれ嘘ですので。
だからといって、彼らのステイタスが傷つくとか、そんなこと全然ありません。実力とは関係ない話なんですけれども、データは正確にやらないと駄目だという。
やっぱネット時代のですね、弊害があります。

私がネットで調べたくらいでは確認できない話だが、たしかに「R&Bチャート48位」という根拠は全く見つからなかった。結局どの記事も未確認のまま伝聞を書いているだけなのだろう。
プロのライターが書いてる音楽記事なんかも鵜呑みにはできないな。
 
 

Touch me lightly / The Kingtones


Let’s Dance Baby  ザ・キングトーンズ&マリエ
 
 

 
amass.jp

デザリー~ドゥー・ワップ・ナゲッツ VOL.1

デザリー~ドゥー・ワップ・ナゲッツ VOL.1


達郎さんはドゥーワップへの思い入れの強さといったら一方ではないし、キング・トーンズの特集も二週にわたる熱の入ったものだった。だから流布しているいいかげんな言説は正したいんだろう。
 

次の話も興味深い。そうだったんだ。

で、1974年にですね、キング・トーンズに若い作家が曲を提供して、それをキャラメルママがバックでアルバムを作ろうというそういう企画がありまして、そのことについては私、何度か語ってまいりました。
その企画に賛同して伊藤銀次と私と、書いた曲が「ダウンタウン」はじめ三曲なんですけど、結果、曲を書いたのが私と伊藤銀次と二人きりだったもので、結局企画が流れてしまいまして、で、もったいないんで「ダウンタウン」、自分のシュガーベイブのレコードとして発表することになったんですけど、

 

Sugar Babe (シュガーベイブ) - Downtown
外国人の少年?青年かな、こういう曲をアップする時代。
 

上柴とおるのポップス再前線
merurido.jp

merurido.jp