膨らまない話。

Tyurico's blog

「戦争体験の継承」というのはそもそも無理な話だ。

なぜ「ある人間が体験したことを別の人間が継承していける」などと考えるのだろうか。
体験というのは直接的で一回限りのものだ。
 
仮に、全く他の人間によって誰かの体験が正しく継承され得るのだとしたら、逆にその体験の唯一性、かけがえのなさは色を失ってしまう。
 
体験とはむしろ、想像力や共感によってもついに越えられない断絶があるということを突きつけてくるものではないのか。
そんなことに注力するよりも体験者たちの語りを文章、音声、できれば映像で記録して後世に伝えることを考えるべきだろ。
 
民話の伝承ではないのだ。
 
 

 
 
石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)

石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)