膨らまない話。

Tyurico's blog

ジョン・レノンの「イマジン」が与える感動への警戒感みたいなものがある

ベン・E・キングがカバーした「イマジン」を聴いてみたらこれがカッコ良くって、それから「いやジョン・レノンってやっぱすごいわ」と思った。
でも人類の理想を歌ったこの曲を聴いて歌って、それで一時気持ちが浄化されたりなんかするのはかえって良くないことじゃないか、とも思っている。
この曲で一時的に気持ちがスッキリしててはしょうがないと思うのだ。
 
だからジョン・レノンが歌う「イマジン」はどうも苦手でちょっと警戒さえしている。すごく感動的だからこそ。
一時の感動で根深い問題が棚上げされるってどうなの、むしろそれは良くないだろって。

ベン・E・キングの「イマジン」は感動的というより、「カッコいい」なのだ。
「感動に付け入られること」がないと言ったらいいか。



Average White Band & Ben E. King - Imagine


アヴェレージ・ホワイト・バンドはスコットランド出身の白人ソウル・ファンクバンド。これは彼らがベン・E・キングのバックを務めたアルバム。『ベニーと俺たち』ってとこか。人種と国を超えたリスペクトがあって、このアルバムは理想を体現していると言えるかもしれない。
みんなほんと良い笑顔。
 
ベン・E・キングといったらやはりこれを貼っとかなければ。
しかし「スタンド・バイ・ミー」一曲だけの人みたいに思っていた自分の無知に恥じ入る。

Stand By Me, Ben E King, 1961
 
 
私は「イマジン」よりこっちなのだ。

Public Image Ltd - Rise (12"Version) (1986/ 2013)

Public Image Ltd - Rise