膨らまない話。

Tyurico's blog

奴らは愚か者であるか、さもなければ邪な者である

「私たちが信じる教えは正しく尊い無上のものである」という信念が揺るぎない強固なものであれば、
当然のこと「奴らはなぜこんな素晴らしい教えに従わないのか」という疑問が生じる。
 

それに対しては、
 
① 奴らは正しく尊い教えが理解できない愚かで憐れな連中だ。→ だから奴らでも理解できるように易しく教え諭してやらないと。

② 奴らは正しく尊い教えを否定する許し難い邪悪な連中だ。→ だから奴らはぶちのめしてやらないと。
 
の2パターンいずれかになるだろうと考えられる。
 
もうどうにもこうにも。
 
 
 
tyurico.hatenablog.com