膨らまない話。

Tyurico's blog

音楽コラムサイト TAP the POP の誤解を生じさせる駄目な記事

TAP the POP という音楽コラムのサイトがあって、複数のライターによって様々なジャンルの音楽記事が毎日上げられている。ためになる記事も多いので読んでいるが、数がやたらと多いだけに中には驚くほど程度の低いものもある。つい最近のでこんな記述があった。
 

カリブの植民地のなかで、いち早く独立を果たした(1962年8月)のは英国領のジャマイカだった。結束の強さの秘密はどこにあったのか。
ジャマイカの民衆の心の根っ子には、どっこい簡単にはひねりつぶせない力が秘められていた。
それこそが、人々の心をひとつに結んだレゲエと祈り。
黒人の救済と解放を本義とする、宗教的思想運動、「ラスタファリ」という名のファイティングスピリットだった。

 
カリブの小国、ジャマイカ叛乱の唄 「ハーダー・ゼイ・カム」 - TAP the POP|月刊キヨシ|TAP the POP

 
この文章を読むと、レゲエは古くからジャマイカにある音楽であり、反骨と抵抗の音楽であるレゲエ(の精神)がジャマイカ独立の力になった、みたいな誤解が生じてしまうだろう。
しかしレゲエが生まれたのは独立から何年も後のことなんだから、ジャマイカの独立とレゲエはそもそも関係がない。それにレゲエもいきなり誕生したわけではなく、独立後のジャマイカの音楽シーンではまずスカが生まれてその次にロックステディが生まれ、それからレゲエが生まれるという変遷がある。
この文章はその辺りに少しも触れないままレゲエとジャマイカの独立を全く短絡的に結んでいると言わざるを得ない。(それからラスタファリってかなり特殊な思想運動だと思うんだけど、盛り上がりを見せたにせよ実際それが当時のジャマイカで一般的なものだったの?っていうもっと素朴な疑問もある。)
 
スカ、ロックステディ、レゲエ、ダブ、色々あって単純な図式では語ることができないジャマイカ音楽の流れを知らないまま筆者が若い頃に得た乏しい知識だけでコラムを書いてしまった結果なのか、それとも知ってはいるのだがもう面倒だしそこを省いて単純な「レゲエとジャマイカ独立の物語」を書いてしまった結果なのか。どちらにしても肯うことはできない。

あと一番良くないのは、このサイトに編集責任者という役割がいるのだかわからないが、こういう40年前のレベルの文章にチェックが入ることもなくそのまま掲載されてしまうことだと思う。
「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信、という文句を TAP the POP は看板に掲げているのだが、少なくともこの記事が語っている“繋がり”や“物語”は「本物」ではない。筆者の間違った思い込みに過ぎない。

 
思い出せば TAP the POPって昨年、スカというジャンルを語る際に絶対に外すことのできないプリンス・バスターが亡くなった時も何の記事も出なかったし、どうもジャマイカ音楽方面は総じて弱いみたいだ。タップ ザ ポップ tapthepopTAPthePOP
 
 

Lord Creator - Independent Jamaica
1962年、ジャマイカ独立を歌った音楽がこんな感じだ。スカではないしもちろんレゲエではない。
 

PRINCE BUSTER - Blackhead chinaman (1963 Prince Buster)
1963年、プリンス・バスターの曲。これはもうスカ。
 

Prince Buster - Al Capone
1964年、バスターの「アル・カポーン」。あるいは「アル・カポネ」。

 
tyurico.hatenablog.com
 
 
tyurico.hatenablog.com