膨らまない話。

Tyurico's blog

伝説の武道家と濡れ手ぬぐい

武田惣角という伝説的な武道家がいる。
 
合気道のルーツである大東流合気柔術の達人で、「伝説の武道家」なんて表題に書いたが、惣角は昭和まで存命していて彼についての話は多く伝えられているし写真だって残っている。だからそんな不確かな存在ではない。
 
とはいえやはり「それ本当か?」って話もあり、その中に、惣角は濡らした手ぬぐい一本で相手の骨を折った、みたいな話がある。ネット上でも見かける。
 
それを読んで昔、戯れに濡らした手ぬぐいを振り回してみたことがあるのだが、「さすがにこれは無理だろ」という感想に終わった。
 
しかし今夏猛暑の折りにクーラーが故障して、対策に手ぬぐいを濡らして首に巻いたりするようになり、ふと思いついて半分に折った濡れ手ぬぐいで反対側の腕を打ってみたころ、これがかなり強い衝撃になった。痛い。
 
濡れ手ぬぐいを長いまま振るのではなく、二つ折りにして振ってみるとこれが大違いなのだった。
いや素人でこれなら、達人は本当に濡れ手ぬぐいで骨をも砕いたかもしれない。
何でも試してみるもんだ。
 
 
 

武田惣角と大東流合気柔術 改訂版

武田惣角と大東流合気柔術 改訂版