膨らまない話。

Tyurico's blog

若い頃は親の悪いところばかり似てしまったように思えたものだが

歳を重ねてみて、自分なりの長所美点と思えたところもやはり親から引き継いだものが多いと気づく。

考えてみれば悪いところだけが似るはずもなく、そう思いたがるのは結局虫のいい話なのだ。
 

メルボルン・スカ・オーケストラ

これが2013年に出たファーストアルバムだが、結成は1993年だというからもう25年近くやってるバンド。
You Tubeでちょっと見て、アマゾンは高かったが楽天で2,000円ほどだったので買ってみた。
見ての通りの大人数バンド。
f:id:Tyurico:20170711162807j:plain

メルボルン・スカ・オーケストラ 
国内盤。ボーナストラック一曲追加。
Melbourne Ska Orchestra 
輸入盤。ジャケットが国内盤と全然違う。知らない人への訴求力は弱いだろうがこのデザインもかっこいい。
 


Melbourne Ska Orchestra - Get Smart (Official FULL Version)
豪勢で賑やかでこれはライブが楽しそうなバンド。おっさん含有率が高いのも良し。なんか2トーンのカッコ良さとブルース・ブラザーズの楽しさをミックスしたような雰囲気。
 


Melbourne Ska Orchestra - The Best Things In Life Are Free
もちろんオーストラリアのバンド。リーダーのニッキ―・ボンバという人はジョン・バトラー・トリオというバンドのドラマーで、ジョン・バトラー・トリオはオーストラリアではかなりの人気バンドらしい。知らなかった。この曲のボーカルはパット・パウエル(Pat Powell)という人。
 


Melbourne Ska Orchestra - Paradiso
この曲もいい。
ニッキ―・ボンバという人はすごく歌が上手いわけではないが好きな声だ。
 


Melbourne Ska Orchestra - Third Time Lucky (Official Music Video)

 


Melbourne Ska Orchestra - Learn to love again
女性ボーカルの曲もある。
 


Melbourne Ska Orchestra - The Diplomat



 

ジムビーム『エネルギッシュ・ダウンタウン』篇 30秒 ローラ サントリー CM
去年の暮れにはサントリーのCMに出てたらしい。これも知らなかった。しかしこんな賑やかしみたいな無駄な起用をしても意味がない。もっと彼らを格好良く使ってほしい。Melbourne ska orchestra
 

ソングライターとしてのトゥーツ・ヒバート

トゥーツ&ザ・メイタルズのトゥーツ・ヒバートはローリング・ストーン選出の「100人のシンガー」に入っているくらいだから、ボーカルとしての評価は昔から高い。もちろんこんな記事を書いている私も彼の声と歌が大好きだ。

しかし彼はまたオリジナリティの高いソングライターとしても評価されるべきだと私は思っているのだが、そういうことを述べたものをこれまで読んだことがない。というわけで私がここに書こうと思う。

Monkey Man, Pressure Drop, Funky Kingston といった代表曲以外で魅力的な曲を紹介していきます。

 
1963年。

THE MAYTALS as THE VIKINGS - SIX AND SEVEN BOOKS OF MOSES
当時どういう事情だったのか、 The Vikings という違う名前でもレコードを勝手に出されていたらしい。コクソン・ドッドのプロデュースとなってるから演奏はスカタライツだろうか。*1



1964年。 

Toots & the Maytals (as The Flames) - Broadway Jungle
お猿の鳴き真似も楽しい。これはまた The Flames という名前でレコードを出されていた。プリンス・バスターのプロデュースとなっている。ということはこれはスカタライツの演奏ではないということか。*2



1968年。

the Maytals - Just tell me  
これはロックステディでいいんだろうか。上の2曲とは違ってポップな感じの良い曲。



1969年。

The Maytals "Sweet and Dandy"
映像は1972年の映画、The Harder They Come から。だから何か意味ありげなカットが入る。



1974年。

Toots and The Maytals - Revolution
トゥーツは似たものがちょっと思いつかない独特な曲を作る。



1974年。

Toots And The Maytals - Love Gonna Walk Out On Me



1979年。

Toots & the Maytals My Love Is So Strong
いかにもトゥーツらしいパワフルなボーカル。



1983年。 

Toots & The Maytals - Spiritual Healing
ジャマイカの音楽はアメリカの音楽の影響を強く受けているのだが、トゥーツは特にそれが強いみたいで、この曲なんかすごくソウルっぽいテイスト。
スカ、ロックステディ、レゲエとずっと活動してきたトゥーツだが、彼はラスタではなくドレッドにもしないし Jah とか言わない。だからレゲエ・ミュージシャン、っていう言い方もなんだかで、ちょっとジャンルで語りにくいところがある。ドラムとベースはおそらくスライ&ロビー。*3 *4
 
 
tyurico.hatenablog.com

 

*1:コンピレーションアルバム Time Tough のライナーノーツの記載による。

*2:同じく Time Tough のライナーノーツの記載による。

*3:Rasta Man なんて曲もあるし、後年のアルバム Light Your Light ではあまり似合ってないドレッド姿も披露しているが、たぶんそういうのは「一応ちょっとやっておくか」くらいの感じじゃないかと思う。

*4:まあジャンル分けなどどうでもいいのだが。

フランス人のタローさん、ジローさん

ゴンチチさんのラジオを聴いてたらフランス人のピアニストの「アレクサンドル・タロー」(Alexandre Tharaud)という名前が出てきた。
 
バンドデシネ*1の巨匠メビウスの本名は「ジャン・ジロー」(Jean Giraud)なので、ジローさんは知っていたが。
 

*1:バンドデシネをすごく簡単に言うとフランスのマンガ。アートっぽい感じ。

「なんで筋トレやってんの」、「その筋肉何に使うの」っていう

問いから始まるサイトで、モテる、自信がつく、強くなるため、色々と効能や目的を語っていた。
しかし「役に立つ」、「何に使う」じゃなくもっと単純な理由が考えられる。
 
たぶん筋トレはメンタルヘルスに良いからだ。