膨らまない話。

Tyurico's blog

若い頃のボブ・マーリーの意外な姿

f:id:Tyurico:20170411214959j:plain

f:id:Tyurico:20170428223639j:plain

Wailing Wailers [Analog]

Wailing Wailers [Analog]

 
ボブ・マーリーは最初からレゲエドレッド、ではなかったと知ったのは実は近年のことだ。かつてはなんとなくボブ・マーリーってずっとそういう感じだったと思っていたのでそのギャップにけっこう驚いた。
 

真ん中のやや色が白いのがボブ・マーリー。1965年の写真らしいからまだ二十歳そこそこ。サングラスで背の高いのがピーター・トッシュで右側にいるのがバニー・ウェイラー*1
この写真の頃はまだレゲエは生まれなくてスカの時代で、みんな髪は短く刈って衣装も小綺麗にスーツを着ている。

レゲエはジャマイカの独立に寄与した音楽とかではなく1962年の独立から数年経って生まれた音楽で、ボブ・マーリーピーター・トッシュたちがメッセージ性の強いレゲエをやるのは当然この写真のまだ後のことになる。
彼らがこんな姿だった時もあった。
 

わりと知られたところを一曲。スカタライツの演奏で歌っている。

The Wailing Wailers - Simmer Down
曲はずっと昔に聴いたことがあったけどこういうビジュアルだったのは長いこと知らないままだった。



 
こちらは同じ頃のトゥーツ&ザ・メイタルズ、というか(この頃は)ザ・メイタルズ。やはりこんな感じ。
f:id:Tyurico:20171109230211p:plain
 

*1:ボブ・マーリー父親が白人なのでこうして三人で並んでみるとやはり色が白い。身長190㎝以上と言われるピーター・トッシュが頭一つ分大きいこともはっきりとわかる。