膨らまない話。

Tyurico's blog

そんな読書はしたくないしそんな友達もいらない。

千夜千冊で知られる松岡正剛さんの文章。

ふつう、誰かに脅されて本を読むことはないが、ぼくは高校の親友から脅されて読んだ本があった。 「おまえ、大審問官も知らないのか、カラマーゾフだよ」 「知らない」 「だったら読むまでは、おまえとはつきあえないな」

松岡正剛 - 【BOOKWARE】亀山郁夫訳の『カラマーゾフの兄弟』は凄い... | Facebook


私はそんな嫌な読書はしたくないし、そんな嫌な友達もいらない。