膨らまない話。

Tyurico's blog

ラジオの音楽番組でピーター・バラカンさんが意外に思えることを語っていた。

ピーター・バラカンさんが今月の放送で、1968年のデズモンド・デッカーの Israelites を流してから当時のイギリスを思い出して以下のように語っていたのが意外だった。(こういう些細な当時の話というのは実はけっこう重要だと思う。録音しといたものをほぼ正確に文字に起こした。)
 

この曲もね、ラジオで当時もう毎日のようにかかってて、まったく何を歌っているかがわからない(笑い)。あまりにも訛り、訛りっていうかあれはいわゆるクレオール語みたいなもので。
 
でもね当時、ラジオでもうほんと毎日のようにかかってたから、脳裏に焼き付いているんだけど、嫌いっていうかねあの、音楽が嫌いじゃなくてね、ジャマイカの音楽を一番好んで聴いていたのがねスキンヘッズだったんで、当時のイギリスでは。
それはけっこう怖い方々、もうめちゃくちゃ怖いです。僕みたいに長髪でまあちょっとややヒッピーっぽい恰好をしていた人間は、彼らはもう目の敵にしてるからね。で、家に地下鉄の駅からバスで帰ってくるんだけど、バス停の真ん前にね、安いハンバーガー屋があったんですよ。
そのハンバーガー屋にもうスキンヘッズがいつも一杯たむろしていて、バスを降りるのが怖くてね。

 
これがその曲。 Israelites
イスラエルちゃん」なんて変な邦題にされてしまったが、このヒット曲は日本でも発売された。でも歌詞は、奴隷のように働いて、女房子供は出てってしまって、っていうようなの。

Desmond Dekker - Israelites 1968
 

デズモンド・デッカーはジャマイカンだから、もちろんイギリスの英語とは違う混成的な英語なんだろうが、それにしても英語ネイティブのバラカンさんが当時デッカーの歌を聞き取れなかったと語っていたのは全く意外なことだった。英語を母語として話す人間でもわからなかったのか。*1
また、「スキンヘッズ」って言葉とか写真とかは知っていたんだけど、当時のリアルな感覚、体験として話が聞けたのは貴重だった。やっぱ怖い連中だったんだ。 
 
あと、昔バラカンさんも長髪だったということも結構意外な事実。
 
 

The Best of Desmond Dekker

The Best of Desmond Dekker

 
 
tyurico.hatenablog.com

 
 

*1:後で調べてみたら、Wikipedia にも Although few could understand all the lyrics, the single was the first UK reggae number one、歌詞を全て理解している人はわずかだったにもかかわらずこの曲は英国で云々、と書いてあった。やはりそうなのか。

翻訳者 落合恵子の思い上がり

 
あるブログのこんな文章を見つけた。

しかし、本書には一つ、重大な欠陥があります。
 
 それはロビン・ノーウッドに責任があるのではなく、本書の訳者・落合恵子氏に責任がある。
 
 本書の随所に訳者・落合恵子氏による「訳注」が、本文に直接挿入する形でつけられているのですが、これが実際には「訳注」ではなく、落合氏の意見なんです。
 
 要するにノーウッド氏の本文を翻訳しているうちにエキサイトしてしまったのか、落合恵子さんが勝手に自分の見解を付け加えたり、逆に「こういう書き方は気に入らないと言っておこう」とか言って批判したりするわけ。
 
 そんな、自分の意見だの本書に対する批判を本文に挿入する形で勝手にくっつけるなんて、翻訳者の分を越えた非常識な行為であって、断じて許されるものではございません。また、もし翻訳者がそういう愚行に出たとしたら、編集者は体を張ってでも止めなくてはならない。
 
 あ、あとついでに指摘しておきますが、本書巻末の「あとがき」の中で、本書のペーパーバック版の版元が「Simon & Solueten」社であると記してありますが、こんな名前の出版社は存在しません。それを言うなら「Simon & Schuster」ね。あと、本書のサブタイトルの原語は「When you keep wishing and hoping, he'll change」ではなく、「When You Keep Wishing and Hoping He'll Change」です。カンマなんてついてない。「He'll Change」は「Wishing and Hoping」の目的節だからね。どちらも、ちょっと確認すれば誤りを防げるはずなのに。
 
 色々な意味で、レモンちゃん(昭和生まれなら知っている、落合恵子氏のあだ名)と、この本の編集者には猛省を促しておきましょう。
 

ロビン・ノーウッド著『愛しすぎる女たち』を読む | 教授のおすすめ!セレクトショップ - 楽天ブログ
 
 
思った通り、やっぱり他の翻訳でもこんなことをやっていたか。他人の著作の中でも自分の主張を言わずにはいられないような人間。
ほんと度し難いな。
 
 

d.hatena.ne.jp
 
 

 
愛しすぎる女たち (中公文庫)

愛しすぎる女たち (中公文庫)

 

伝説の武道家と濡れ手ぬぐい

武田惣角という伝説的な武道家がいる。
 
合気道のルーツである大東流合気柔術の達人で、「伝説の武道家」なんて表題に書いたが、惣角は昭和まで存命だったから彼についての話は多く伝えられているし写真だって残っている。そんな不確かな存在ではない。
 
とはいえやはり「それ本当か?」って話もあり、その中に、惣角は濡らした手ぬぐい一本で相手の骨を折った、みたいな話がある。ネット上でも見かける。
 
それを読んで昔、戯れに濡らした手ぬぐいを振り回してみたことがあるのだが、「さすがにこれは無理だろ」という感想に終わった。
 
しかし今夏猛暑の折りにクーラーが故障して、対策に手ぬぐいを濡らして首に巻いたりするようになり、ふと思いついて半分に折った濡れ手ぬぐいで反対側の腕を打ってみたころ、これがかなり強い衝撃になった。痛い。
 
濡れ手ぬぐいを長いまま振るのではなく、二つ折りにして振ってみるとこれが大違いなのだった。
いや素人でこれなら、達人は本当に濡れ手ぬぐいで骨をも砕いたかもしれない。
何でも試してみるもんだ。
 
 
 

武田惣角と大東流合気柔術 改訂版

武田惣角と大東流合気柔術 改訂版

 

仕事や部活なんかでの「わかったか?」というデカイ声に対しては、

「いえ、わかりません」なんてとてもじゃないが言えないという困った話。
 
あれ、向こうは何を確認したいんだろうか。理解の確認だとは言い難い。
服従の確認?
 
たぶん、何一つ生み出さない問いだな。
 

クーラーが使えない場合の熱中症対策を

このあいだ実家に泊まったらクーラーが故障していて、じゃ修理はと親に聞くと、なにせこの異常な暑さ、手一杯で来てくれるまでに数日かかるのだと言う。
 
それで考えてやってみて思いのほか良かったのが、濡れ手ぬぐい。
日本手ぬぐいを水で濡らして軽く絞り、これを首や額に巻いたり、肩に掛けたりする。
タオルでは駄目で、生地が薄い日本手ぬぐいがいい。
もちろん同様のアイデアの商品もあるのだが、実際比較してみて、日本手ぬぐいの方が効果的だった。とにかく体に籠っている熱を出す。
 
熱中症対策として「室内ではクーラーを使用しましょう」とTVで頻りに呼びかけているが、ニュースを聞いてれば、クーラーはあったが故障していたなんて死亡例も実際あるんだし、マスコミはクーラーに頼れない状況下での対策も考えて呼びかけてほしいと思う。