読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膨らまない話。

Tyurico's blog

音楽少年としてのエルヴィス・コステロ

構えず気軽に作ったアルバムのようだが、エルヴィス・コステロのカバーアルバム Kojak Variety はこれが案外なかなかの名盤だと思う。
 
You Tubeハウリン・ウルフHidden Charmsコステロがカバーしているのを聴いたのがきっかけで、そしてそれがアルバム中の一曲であることを知った。
ハウリン・ウルフはブルースシンガーとしてはベタなくらい有名なシンガーなのだが Hidden Charms は彼の代表曲ではなくむしろマイナーな名曲と言うべき部類なので、そういう曲を取り上げている辺りにそそられてよくわからないままに買ってみた。
そうしたらこれが当りで、さらにこのアルバムを通じてジェイムズ・カーという抜群に歌の上手い素晴らしいソウルシンガーを知ることができて、またその他いろいろなオリジナル曲に遡っていくことになった。

またコステロ本人による長文の解説も興味深い。その中の、日本に行った時にジェイムズ・カーのアルバムが出ているのを見つけて買ったんだけど当時英米では彼のレコードはどれも廃盤だったんだよ、みたいなエピソードはなんだかレコードマニアの話みたいで少し驚きを感じてしまった。*1
英米で廃盤になっていたことについてコステロshamefully、「恥ずべきことだが」とまで記している。*2


コステロというと何かシニカルで気難しそうなイメージを抱いていたのだが、Kojak Variety を聴いてそして解説を読んでみると「こういう曲も聴くんだ」という驚きが大きくて、とにかく良い音楽に夢中になる音楽少年コステロ、という今までとは別のイメージが浮かんできた。




Hidden Charms - Howlin Wolf
Hidden Charms原曲。ウルフのボーカルもだが、1:03あたりからのヒューバート・サムリンのギターソロがたまらない。




Hidden Charms - Elvis Costello
ヒューバートのギターソロまで意識したカバーになっているのが嬉しい。




Elvis Costello - Pouring Water On A Drowning Man
素晴らしいカバー曲。このカバーがなければジェイムズ・カーを知らないままだった。



Elvis Costello & The Attractions - Step Inside Love (HQ Audio Only)
女性ボーカルのカバーも良い。シーラ・ブラックも初めて知った。



Elvis Costello - Innocent when you dream [Tom Waits]
トム・ウェイツコステロという組み合わせは考えたこともなかった。




Kojak Variety (Dlx)

Kojak Variety (Dlx)

録音そのものは1990年頃らしいが発売は数年経ってからだった。
高額の値段がついてないならボーナスディスクの入ったこちらの二枚組デラックス盤がおすすめ。
二枚目にはシーラ・ブラックのステップ・インサイド・ラブとか、トム・ウェイツのイノセント・ウェン・ユー・ドリームとか入っていてコステロというミュージシャンの幅の広さが感じられる。


音楽少年漂流記 (新潮文庫)

音楽少年漂流記 (新潮文庫)

こちらは単に表題の連想からの紹介。


 
tyurico.hatenablog.com

 

*1:1977年に日本のレーベル Vivid Sound が出したレコードのことだと思われる。

*2: Some years ago when I was in Japan I discovered 〝Pouring Water On A Drowning Man〟 by James Carr on a brand-new Goldwax Records issue. This was at a time when his records were shamefully absent from catalogues in the U.S. and Britain.